« ピンポン | トップページ | 茶の味 »

2005/12/24

ドライブ

ドライブ (通常パッケージ)
ドライブ (通常パッケージ)
  • スタジオ: ジェネオン エンタテインメント
  • 価格: ¥ 4,935
  • 発売日: 2003/02/21
  • 売上ランキング: 17,588
  • おすすめ度 3.67

頭痛もちのくそ真面目なサラリーマン、朝倉は、ある日信号待ちでキレイな女の子に
見とれていたら、車を強盗3人組に乗っ取られる。
包丁で脅されても、彼は法定速度を守り続ける。
おかげで強盗3人は裏切り者を取り逃がすが、裏切り者は地面の穴に車のキーを落とし、
手を突っ込んだら抜けなくなってしまっていた・・・

すごく奇妙な映画でした。独特のシュールさが漂ってて、かなり面白かった。
時速40キロで走ってるのに妙なスピード感、次々起こるむちゃくちゃな出来事、
「なんでやねん」と大笑いしつつ、私ははまっちゃいました。

朝倉と強盗たちは、そののろのろドライブをすすめていくうちに、
だんだんうちとけてきて、強盗が朝倉をかばったりするくらいになって、
朝倉も逃げりゃいいのに強盗と一緒に追っ手から逃げたりして、わけわからない。
更に強盗たちは朝倉と旅をするうちに、ライブに乱入してバンドに入ったり、
うちっぱなしでホームラン打ちっぱなしてスカウトされたり、と、
何故か一人一人順番に人生の転機を迎えていくのだった。

そして、裏切り者がいる広場では、動けない彼の周りを当然のように
武士だの兵士だのの霊がうようよと現れて、ほんまわけがわからない。
そこには朝倉そっくりの武士の幽霊がいたりして。

真面目で規則を守る頭痛の朝倉は、幼いころに両親を亡くし、
それからずっとストレスのたまる生活を送っている。
その彼がこの奇妙な一日で、頭痛をなくすまでのプロセスは爽快だった。
闘え。彼はささやかれる。そして彼は闘うのだった。何と?・・自分とかもしれないね。

たった一晩の話なんだけど、皆の運命がころっと変わってしまい、
こちらもなんだか幸せな気分をもらいました。最後の朝倉の笑顔がかわいいよ。
法定速度を守る男でも、それをわかってくれる女は現れるものです。
自分は大事にしないといけないね。

役者も皆さん達者です。堤真一は悪いけどむっつりした顔のほうが好きだなー。
あと印象に残ったのが坊さん強盗の寺島進と、とんでもないところででてくる松雪泰子。
大杉漣も重みあるいい存在感やったなあ。相変わらず。いい役者を贅沢にあしらって、
スピード感ある(あるのかなあ。時速40キロなのに)カッコイイ映画に仕上がってました。

SABU監督のはまた観てみよう。次は「MONDAY」かなー。

|

« ピンポン | トップページ | 茶の味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7674/142327

この記事へのトラックバック一覧です: ドライブ :

« ピンポン | トップページ | 茶の味 »