« 竜馬の妻とその夫と愛人 | トップページ | 黄泉がえり »

2005/12/23

恋愛寫眞 - Collage of Our Life -

恋愛寫眞 - Collage of Our Life -
恋愛寫眞 - Collage of Our Life -
  • スタジオ: 松竹
  • 価格: ¥ 4,935
  • 発売日: 2003/11/22
  • 売上ランキング: 8,346
  • おすすめ度 3.68

「マヨヌードルは美味しいでしょうか?」
静流がよく、こういいながらカップヌードルにマヨネーズを
たっぷり置いてから、ずずずとすする。
で、何も言わずにカットが変わる。

「おいしいのかよー教えてくれよー」
・・・この映画のイメージはまずそれだ。
誰か美味しいかどうか教えてください。自分でやる勇気がなくって。

ま、それはとにかく感想です。ほんのちょっとネタバレ?かな。と
思うので、観てない人は読まない方がいいかもしれません。
気をつけて書きますが。

「トリック」の堤幸彦監督、松田龍平と広末涼子。
なーんかばらばらなメンバーやなあ、と思いながら観てみた。
松田龍平は「ご法度」の妖艶なイメージしかなく、広末涼子は
「ビーチボーイズ」(反町隆史、竹野内豊と競演)から私の中では止まっていて、
この二人が恋愛映画?・・・ありえない。と素で思っていた。

なんの。いいじゃないですか、二人とも。
松田龍平が普通の青年も自然にやれるというのは新発見だったし、
広末もなんか画面に映えますね。いい表情してました。
ま、そんな感じで違和感の解消から入ったわけですが。

カメラマンをクビになったばかりの誠人、3年前に別れた彼女、静流からの
手紙を受け取る。静流はNYにいて写真を撮っているという。個展を開くという。
しかし大学の同級生から静流は死んだと伝えられ、彼はとにかくNYへととんだ・・

誠人は英語を操り、英語圏の人に自分の思い出を語る、という設定なんで
誠人の英語のナレーションに字幕がついていることが多かったが、
その英語がへたくそなのだ。発音がなってない。
おいおい松田くん、ちょっとは練習してこいよ、と興ざめだったが、
NYに彼がわたったころからなんとなく、その効果がわかってきた。
彼が口汚くののしる場面で「やっとNYらしい言葉を喋るようになったな」と
言われるあたりで、なんとなく意図を理解した。
彼は悲しいほど日本人で、で、その彼の姿は私達の姿でもある、ような。
日本人と異国とのギャップ、その透明な壁をうまく表現した映画でもある、ような。

と、話がそれたが、これはれっきとした恋愛映画。
静流の行方を追い、静流が撮った写真と同じものを撮ろうとする誠人、
だんだんと静流の感じ方が自分にうつっていくように感じる。
そして、「静流に会いたい」と強く強く、思うようになる。
最後には、静流と一緒に生きていく、その覚悟を決めるのだ。
そういう切なさがぐっと胸に迫る。

なのに、なのにさあ。小池栄子がさあ。
と、私はここで熱く語らせてもらう。小池栄子のせいで台無しやんか、と。
彼女の演技はまあ、確かに痛々しかった。
でも彼女が演技派でないことくらいわかるんだから、あんな難しい役をやらせた方に
責任がある。
で、彼女に象徴される「サスペンス的要素」が本当に必要だったのか?
全く違う話にできなかったのか?

誠人と静流の二人の姿、そのありよう、がとてもいい空気で、
切なく感じられただけに、その要素がない方が、もっと浸れたのにな、と
思ったのだ。だからどうしろと言われたら何も浮かばないけどさ。

まあ、やっちゃったもんは仕方ない。その要素があったにしても、
それでもけっこう、観てよかった映画に入ります。

映像がスタイリッシュ、でも繊細、なんか澄んだ空気がこっちにも
流れてくるかのような感覚がして、すごくいい雰囲気です。
で、写真がいいんですよー。静流や誠人が撮ったって設定なんだけど、
撮った人は斉藤清貴さんというようです。調べてみたら、
広末の写真集とかアイドルのんとか撮ってる人だった。
もっと違うの撮ればいいのになあ。この映画の写真集欲しいなあ。
広末の写真じゃなくて、映画で使ってた写真の。

この映画にリスペクトされて、
市川拓司さんが小説を書かれたようです。
「恋愛寫眞 もうひとつの物語」
違う話になってるみたいですね。ちょっと気になります。

|

« 竜馬の妻とその夫と愛人 | トップページ | 黄泉がえり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7674/140524

この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛寫眞 - Collage of Our Life -:

» 恋愛寫眞 Collage of Our Life(TV) [ひるめし。]
死んだはずの彼女から、手紙が届いた。消印は、ニューヨーク。 CAST: 広末涼子/松田龍平/小池栄子/ドミニク・マーカス/山崎樹範 他 ■日本産 111分 主演のふたりはあまり好きじゃないのよね〜。でもTV放送だからタダだし観ちゃった。 静流の撮った写真と前半の日本でのシーンはミニシアターっぽい淡々とした雰囲気ですごく好きだったのに・・・後半のNYのシーンからガタガタって崩れちゃっ... [続きを読む]

受信: 2006/01/04 14:32

« 竜馬の妻とその夫と愛人 | トップページ | 黄泉がえり »