« ブリジット・ジョーンズの日記 | トップページ | ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ »

2005/12/09

ベティ・ブルー

ベティ・ブルー インテグラル リニューアル完全版
ベティ・ブルー インテグラル リニューアル完全版
  • スタジオ: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 価格: ¥ 2,000
  • 発売日: 2005/09/28
  • 売上ランキング: 2,427
  • おすすめ度 5

フランス映画らしくいきなりモザイクの嵐です。臆せず観ましょう。

あるペンキ塗りの男のもとに住み込んでしまった奔放な少女ベティー、
ある日男の書いた小説を読みその才能に惚れこむ。
男が作家になって花開くのを夢見るベティだが、うまくいかずに、
だんだん歯車が狂っていく。
最後はとても切ない。ああするしか、なかったのか?本当に。

信じてもらえて、愛してもらえるというのは、人間にとって必要であり、すばらしいこと。
でも、愛しすぎるが故の悲劇もある。
それでも彼はベティから何かをもらったのだ。たくさん。本当にたくさん。

人を愛するというのはとても難しく、諸刃の剣なのだな。
切ない映画だった。

|

« ブリジット・ジョーンズの日記 | トップページ | ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7674/75472

この記事へのトラックバック一覧です: ベティ・ブルー:

« ブリジット・ジョーンズの日記 | トップページ | ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ »