« LOVERS | トップページ | ザ・ロイヤル・テネンバウムズ »

2005/12/11

ラブストーリー

ラブストーリー
ラブストーリー
  • スタジオ: レントラックジャパン
  • 価格: ¥ 3,990
  • 発売日: 2004/07/16

どうでもいいんですがこれ、「イン・ザ・カット」と同じ日に観たんですよ。
全然違うし。あの日は濃い日やった・・・・

「猟奇的な彼女」の監督が放つ王道恋愛映画。
確かサブタイトルに「The Classic」とか書いてたと思うけど、まさにクラシックです。

大学生の主人公、友達が片想いしている先輩に自分も片思い中。
そんな中、母が昔交わしていたラブレターと日記を見つけ出し、読み始める。
母の昔の純愛は、自分の婚約者の友達の男性と恋に落ちたというもので・・・

二世代にわたる恋愛が、小さなささやかなエピソードを重ねながら描かれていく。
王道を突っ走る展開、川沿いの蛍とか、お化け屋敷とか、なんていうかなあ、
とにかく爽やか。自分には絶対なかったことなんだけど、うらやましくなるの、ちゃんと。
「けっ」とか思わずに、「いいよねーそういうのなんかどきどきするよね」と思ったりできる。

ライバル役の婚約者が遠慮しちゃうようないい奴だったり、
娘のほうの女友達が「あほちゃうか」ってくらい意地悪だったり、
ありがちなステレオタイプの脇役がしっかり固められてて、そこも安心して見れるというか、
裏切らないというか。
そんな友達に遠慮して会ってたり、身分の違いとか反対とかあったり、
二人を引き裂くものもちゃんと(?)前にはあって、二人で悩んだり。

そんなことが丁寧に丁寧に、積み重ねられていく。
構成がほんま丁寧で、長い作品だったけど、全然無理なく感情移入できました。
やっぱり基本はいいです。いやもうほんま。

で、母と娘、二世代の恋愛が絡んで、ちょっとだけ謎もラストに残したりして、
その絡みがいやみなくてうまいので、またラストのすがすがしさが増す感じ。
ラストはやっぱり悲恋もあるんだけどねー
戦争とかでひきさかれちゃったりもするんだけどね・・・

そういう王道展開なんですがちゃんとひねりもあり、とにかく丁寧。
脚本と見せ方の勝負でいい作品になってました。素直に薦めますよ。

時折入る笑いも超王道のう○こネタだったりしますが、けっこうツボにはまってしまった。

主人公の母と娘を演じた女優さんはむっちゃかわいい。表情豊かで。

|

« LOVERS | トップページ | ザ・ロイヤル・テネンバウムズ »

コメント

ざれこさん、こんにちは。
読書ブログの方でいつもお世話になっておりますtamayuraxxです。
アジア映画、沢山ごらんになってますね。
幾つかTBさせていただきました。

「ラブストーリー」はほんと“クラシック”ですよね。
展開も、出演者も正統派で。
今までに見た韓国映画の中でも、かなり好きなほうに入る作品です。

ところで、cocolog、いいですね。
カテゴリ複数選択OKなのも便利ですしデザイン的にも素敵です。

投稿: tamayuraxx | 2005/12/21 21:39

tamayuraxxさん
本の方でもお世話になってます。こちらでもよろしくです。トラックバックありがとうございました。

最近はアジアか日本の映画をみることが多いですね。だから「SAYURI」なんて楽しみで楽しみで。ってあれはアメリカ映画なのか(笑)
tamayuraxxさんは韓国映画がお得意のようですし、またお薦めあったら教えて下さいー

ココログいいでしょう。ここで使わせてもらってるデザインはどこかのブログさんでいただいてきた分です。どこかは調べたらわかるんですけど(おい)またリンクしておこう。

投稿: ざれこ | 2005/12/22 11:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7674/82897

この記事へのトラックバック一覧です: ラブストーリー:

» [映画]ラブストーリー 【ネタばれ】 [Four Seasons]
ラブストーリー 出演:ソン・イェジン、チョ・スンウ、チョ・インソン 他 監督:クァク・ジェヨン (2003年 韓国)---Story--- 大学の先輩サンミン(チョ・インソン)への片想いに悩む女子大生のジヘ (ソン・イェジン)は、母の不在中に家を掃除していて古ぼけた箱を見つける。 箱の中には、母・ジュヒが若き日にしたためた日記や手紙が収められていた。 母の過去の切ない想いが蘇るとともに、ジヘの恋にも新たな展開が・・・ ---Impression--- ジュヒ(ソン・イェジン2... [続きを読む]

受信: 2005/12/21 21:26

« LOVERS | トップページ | ザ・ロイヤル・テネンバウムズ »