« 誘拐犯 | トップページ | 猟奇的な彼女 »

2005/12/11

恋愛小説家

恋愛小説家
恋愛小説家
  • スタジオ: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 価格: ¥ 2,000
  • 発売日: 2005/06/22
  • 売上ランキング: 2,647

私が心温まった恋愛映画。
この映画はあの超大作ラブストーリー「タイタニック」とアカデミーを争い
主演男優、女優とも奪い去った映画である。どんな大げさな、と思いつつ
みたのだが、ディカプリオファンには申し訳ないが賞も納得である。
(余談だが、もちろん「タイタニック」は「けっ」と思いながら見た私である。)

ジャック・ニコルソンがまったくかわいげのない憎たらしい作家、しかし彼は
いきつけの喫茶店のウエイトレスの前ではさらに毒々しくなる、かわいい男なのだった。
そのウエイトレスと、隣室のゲイの芸術家、なんかがからみ、お話は日常的に、
しかしこっけいに進行していく。

ストーリー展開を話せないほどたいしたことない話だったような気もするが、
たった一つ、小説家がウエイトレスに向かっていった言葉とその表情に、
とても心温まったのを覚えている。
「(君に会って)いい人間になりたくなった。」

いい恋は人を変えることができるのですね。
素敵な恋愛がしたくなる、素敵な映画です。

|

« 誘拐犯 | トップページ | 猟奇的な彼女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7674/82891

この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛小説家:

« 誘拐犯 | トップページ | 猟奇的な彼女 »