« BOOTLEG FILM〈海賊版) | トップページ | ハッシュ! »

2005/12/23

バトル・ロワイアル

バトル・ロワイアル
バトル・ロワイアル
  • スタジオ: 東映
  • 価格: ¥ 5,460
  • 発売日: 2001/09/21
  • 売上ランキング: 21,354
  • おすすめ度 3.43

好きな安藤政信が出ている。
終始無言で人を殺しまくる高校生の役でした。怖い怖い。

ある中学校3年生のクラスが、修学旅行と偽りある島に連れて行かれる。
そこで殺し合いをして、生き残った者一人だけが、家に帰ることができる。
そこで壮絶な殺し合いが始まる。

・・さすがR指定、残虐にやりあいます。
特にすごかったのは柴咲コウ、
彼女が闘争心の強い美少女に扮し、他の女に「ブス」といいながら
撃とうとする様はかなりの迫力。なんでそこまで歪む?
さらに安藤政信。何の説明もなしに突如登場、ひたすら無言で殺しまくる。
それもわざわざ自主参加してまで。何で?全く説明無し。

他のメンバーはそれなりに疑心暗鬼になって殺しあったりしてしまうものの、
基本的には人間らしさというか、何とか誰も殺さずに生き残ろうともがく。
主役2人も当然そう。なのにその二人は突っ走る。
何が彼らをそう駆り立てたのか、そこに人間のひそかな怖さがあるというか、
そこをもっと掘り下げて欲しかったなあ。あの分厚い本を読んだら書いてるんだろうか。
結局、いい子たちが活躍してしまって、悪人の私には少し物足りなかった。

ビートたけしがいかれた教師役。彼の存在感もすごかった。
死に様が特にすごかった。どこからも必要とされない人の哀しさがにじみ出ていた。

お薦めはしないけど、考えさせられる映画だったかも。

|

« BOOTLEG FILM〈海賊版) | トップページ | ハッシュ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7674/141283

この記事へのトラックバック一覧です: バトル・ロワイアル:

« BOOTLEG FILM〈海賊版) | トップページ | ハッシュ! »