« サトラレ | トップページ | このブログについて »

2005/12/14

地雷を踏んだらサヨウナラ

地雷を踏んだらサヨウナラ
地雷を踏んだらサヨウナラ
  • スタジオ: アミューズソフトエンタテインメント
  • 価格: ¥ 5,040
  • 発売日: 2000/04/28
  • 売上ランキング: 9,205
  • おすすめ度 4

浅野忠信主演。実在の戦場カメラマン、一ノ瀬泰造の生涯を映画化。

1972年、泰造は戦争写真を撮るためにカンボジアに行く。当時24歳。
当時ゲリラ戦で危険地帯、撮影禁止であったアンコールワットの撮影をする、という
夢を抱き、単身で何度も乗り込もうとする。失敗、国外追放。
しかし夢を諦めきれず、ベトナムに渡り、そこで仲間の死、淡い恋など経験しながら、
やはりアンコールワットへの想いを捨てきれなかった。そして行方不明、享年26歳。

彼の人生をみて涙してしまった。同世代、26歳、の死。
彼がどうして命を賭けてまで戦争写真を撮ったのか、更にアンコールワットの撮影を
熱望したのか、私には理解できない。もしかして本人もわかってなかったのかも。
でも、人生において、何を失ってでも、追いかけていかなきゃいけないもの、
そういうものが一人一人あって、それでその人の生きる価値が決まるとするなら、
彼にはそれを成し遂げなければならず、彼はそれを見つけられて、幸せだったに違いない。
そして、私にも何か、そういうものが、あるのかもしれない。気づいていないだけで。
・・・なんだかそんなことを思った。

映画は彼の最後の2年間を丹念に追う。
浅野忠信の表情がとても魅力的で、写真を撮る時の熱い瞳は、
きっと泰造もこうだったのだと思い起こさせた。すごい俳優だと思った。

映画より、一ノ瀬泰造その人が良かった。そんな映画。
映画で彼の写真が見られる。おびえてうるんだ子供の目が印象的な写真、など
なんだかとてもやさしい。

|

« サトラレ | トップページ | このブログについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7674/97544

この記事へのトラックバック一覧です: 地雷を踏んだらサヨウナラ:

» 地雷を踏んだらサヨウナラ [talking vxxxxx]
地雷を踏んだらサヨウナラ / アミューズソフトエンタテインメント(2000/04/28)Amazonランキング:9,205位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog いい映画でした。 今までちょっとキレた感じの濃いキャラが多かった浅野さんですが、「あ....... [続きを読む]

受信: 2005/12/24 14:24

« サトラレ | トップページ | このブログについて »