« スペーストラベラーズ | トップページ | 呪怨 »

2005/12/27

13階段

13階段
13階段
  • スタジオ: ポニーキャニオン
  • 価格: ¥ 4,935
  • 発売日: 2003/09/05
  • 売上ランキング: 8,589
  • おすすめ度 3.36

原作を読んで翌日にこれを観る羽目になりました。
先に原作を読んでいた連れが「作者がこの映画気に入らないって
言ってんだって。あとがきに書いてた。だから観たい」などと言い出し、
だから私もあわてて原作を読み映画に挑んだわけです。
まあけっこう悪趣味な見方ではあります。

いやー原作読んで翌日にみちゃったから余計ですけど、
どうも、ダメですねえ、この映画は。
もう言っちゃいますけどラストが原作と違うのよ。
原作の苦々しさが消えてて、なんだか妙に人情味あふれる、
ハッピーエンドみたいになっちゃってるわけですよ。
まあね、映画だけみてたら「まあありがちな、火サスのスペシャル版程度よね」
くらいの意識でみれたと思うんだけど、原作読んでたらダメですね。
ラストが違うとすべてひっくり返っちゃうの。原作の意図したところが、
全く違うものになっちゃう。だからはっきりいって違うドラマでした。

だから困ったことに原作の荒っぽいミステリ部分だけがあらわになって、
しかも彼らの緻密な捜査部分ははしょられてるもんだから
面白みもなくなって、悪いとこどりになっちゃってる。ただの暗い映画やん・・・

さらに役者の持ち味が全く生かされてないし。
反町くんはイメチェン狙って暗い役やって全くよくなくなって
棒読みだけ目立つし、山崎努ほどの重鎮をここに配する必要はあったのか?
まあ彼がいなかったら本当に観れなかったと思うけどさ、
持ち味は生かされてなかったな。

と、悪いけど原作と比べまくってしまいます。
映画と原作は別モノとはわかっていても・・・・これはどうもダメでしょう。
っていうか原作読んでないと、映画だけみてこれストーリー把握できるのかな?
すごいはしょりっぷりだったので、ちょっと難しいと思う。

しかし、死刑のシーンは印象深かったです。やっぱり大事なシーンなのは
わかってたんですねえ。「たんぽぽが綺麗でした」と言う悟り顔の宮迫には
少し鬼気迫るものも感じました。

あとねえ、小心者の刑務官の役の人がどっかでみたことある、と思ったら
寺島進じゃないか。いやーこれはびっくりした。
全く存在感もアクもなくって、また役者の持ち味生かされてないんだけどさ、
そのアクのなさにびっくりした。別人やんか。すごい化ける俳優だなあ、と
むちゃむちゃ感心したのでした。彼を見れたことは今回の収穫です。

原作の感想はこちら。

|

« スペーストラベラーズ | トップページ | 呪怨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7674/163465

この記事へのトラックバック一覧です: 13階段:

« スペーストラベラーズ | トップページ | 呪怨 »