« 恋する惑星 | トップページ | クリスティーナの好きなこと »

2005/12/07

ギター弾きの恋

B00005Q82H ギター弾きの恋
ショーン・ペン サマンサ・モートン ユマ・サーマン

メディアファクトリー 2001-10-26
売り上げランキング : 8,836

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


派手好きなジャズギタリストエミット・レイは、世界で二番目のギタリストと言ってはばからず、
しかし酔ってはステージをすっぽかす自由人。そんな彼が、ある日ナンパで出会った
口のきけない女性と恋に落ちる。不器用な彼らには幸せは訪れるのか?

二人の不器用な恋のあり方がなんかぎゅっと切なくなる、そんなお話。
エミットは浪費家で派手で自信満々なくせに、自分は世界で2番目と公言してはばからない。
それは世界一のジャンゴというギタリストを崇拝しているから。彼の演奏を聴いて
2回も失神したり、彼が自分のステージを見にくるときいたとたん逃げ出してしまうくらい。
そういうところもかわいいし、目立つために木で作った薄っぺらい三日月に乗って
空から降りてこようとか、実に微笑ましい企画をやって失敗したりして、とにかく滑稽でカワイイ。

そして女性にも不器用にしか接することが出来ない。
結局口の聞けないハッティと別れてしまい、その後衝動的に妻をめとるのだが、
小説家志望の妻には「彼にはギターが恋人」と書かれてしまう。
そして結婚生活もうまくいかず、彼はその後ハッティと再会するのだが・・・・・

ラストシーンがしんみりとじんわりときました。いいラブストーリーだったと思う。
俳優がまたよくってね。ハッティをやったサマンサ・モートンの無垢な笑顔はとても魅力的で
ラブストーリーとしての確かな説得力があったし、対抗する妻役のユマサーマンの軽軽しさと
奔放さ、と異常なスタイルのよさ!がさらに説得力を増す。
そしてまた主役があんた、どこかでみた俳優だと思ってたら
「デッドマン・ウォーキング」で死刑囚やってたショーン・ペンやんか。
冗談抜きで1時間くらい彼やとわかりませんでした。そのくらい徹底した情けない演技。
それでこの映画の滑稽さ、哀しさが極まりました。

サントラも最強ですね。古きよきジャズが全編に流れて、それだけで心落ち着きます。

・・・・と、ここまでは何の前知識も知らずこれを読んだ方への感想。(私も前知識なしに観ました)
ワタシ的ネタバレ編、は次にしっかり書きます。
・・・・といっても映画公式ページのそれも冒頭にしっかり書いてる内容なんですが、
ワタシはそれを知らず、しっかり騙されました。そして、騙されたとわかって映画の評価を上げました。
同じように騙されたい人は次読まずにとりあえず映画を観ましょう。

さて、公式ページ見たし映画も見たよ、という人は、次へ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・私はまんまと騙されました。
主人公エミット・レイは実在のギタリストやと思って、
今ネットで思いっきりCD探してた。映画の公式ページ見るまで、まさか架空とは思わず・・・・

この映画では監督ウディアレン他、ジャズ研究家やらが途中でコメンテーターとして
ワラワラ出てきて、彼らがエミットの人生を語る形をとっている。
そのコメントがいちいち妙に本物っぽくて、で、流れているギターのサウンドも
いちいち本物の彼っぽくて、私はもうほんまに、彼が実在したとばっかり、本気で思っていたのだ。
で、流れてくる音楽も、本物のエミットの録音を使っているんだろうなあ、
まるで映画「シャイン」みたいやなあ。と勝手に感動していたのである。

はあ、もう、以前ちょっとはジャズをかじってたくせに、情けないにもほどがあるわ。

(・・・っていうかですよ、じゃああのジャズ研究家たちは誰なわけ?役者か?おい。)

しかしそのくらい完璧に私を騙してくれたこの映画に、私は評価を上げたのでした。
わざわざページをわけて書きたかったのはそれだけです。わはは。

いやあ・・・ほんま、騙された。
まあ、今思えば実在の人物とは到底思えない情けなさだわな、彼も。

彼が心酔していたジャンゴ・ラインハルトは実在したようです。
多分、彼のモデルのような人なんでしょう。そんなに情けない人じゃないと思うけど。

さて、この映画、音楽がとにかくとてもよかった。
私も知っているジャズのスタンダードナンバーが何曲も出てきて、
それがまたギターがすばらしいのよ。だからまんまと騙されたんだけどね・・
エミット影をやってくれてたのはハワード・アルデンという人らしいです。

CDでも紹介して恥さらしの感想を終わっときます。
・ギター弾きの恋 サウンドトラック
・ジャンゴ・ラインハルトのCD

そして、ジャンゴ・ラインハルトについての詳しい記事はこちら参照。

|

« 恋する惑星 | トップページ | クリスティーナの好きなこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7674/69415

この記事へのトラックバック一覧です: ギター弾きの恋:

« 恋する惑星 | トップページ | クリスティーナの好きなこと »