« クロエ | トップページ | 女囚701号 さそり »

2005/12/14

きょうのできごと

友人の引越祝いで集まった若者達の一日を描いた、群像劇のような映画。
洋画では「マグノリア」がそういう感じの映画だったけど、
あれよりもっともっとささやかで日常的な感じ。ぜんぜん違うか。
原作を読んで、「これだけ日常的な話が映画になりうるんだろうか?」とか
思っていたけど、いい映画になってました。

集まった若者達はただただ酔っぱらって大騒ぎしているんだけど、
皆それぞれに小さな想いを抱えている。
真紀ちゃんは中沢くんが幼なじみのけいとと仲良しなのを見て、
自分にも何でも話して欲しいってちょっと思ってるし、
かわちくんはけいとに言い寄られながらも、昼にけんかした彼女のことが
気になって仕方がない。彼女に「かわちくんは誰にでも優しすぎる」と怒られたのだ。
そういうのってささやかな悩みに見えるけど、実はとっても本質的な悩みで、
そんなことを思いながら皆と楽しくやっている姿を見て、
彼らの人生のほんの少しがみえてくる、ような。
一瞬が長く長くつながっているというような。
ずっとそんな風に生きてきたんだろうな、というような。そういう感覚。

そういう、みんなの人生が出会うところに、座礁した鯨がいたり、
壁に挟まれた男がいたりして、そういう非現実的な共通項が出てくるたびに、
彼らは同じ時間を生きてるんだなあ、なんてことを思い、
また映画全体を大きくまとめる役割を担うというか。
鯨も壁の男も、原作にはない要素で、そういうエピソードを絡めたことで
映画としていい感じになったなあ、と思う。

俳優たちがみんな個性を発揮してて良かったです。
主演の妻夫木くんも浮いてなかったのが良かったし。田中麗奈もかわいかったし。
あ、でもダントツかわいかったのは池脇千鶴。なんてかわいいんだろう。
それにしてもみんな関西弁すっごい練習したんだろうねえ。
生粋の大阪人の私が聞いても問題なかったです。凄いことです。

画面はかすかに懐かしいようなかすれた感じで、鯨の場面が印象的でした。
大阪や京都のなじみの場所が出てきたのでうれしかった。
天王寺はもっと汚いけどな。
で、ヤイコの劇中音楽も肩の力が抜けてていい感じに入ってきて、
全体的にふっとなごめる、そういう映画です。

ほんま最近の日本映画はいいのが多いと思います。どんどん観ようっと。
とりあえず初めての行定監督、好感触でした。どんどん観よう。

原作本の感想はこちらに書きました。

|

« クロエ | トップページ | 女囚701号 さそり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7674/97534

この記事へのトラックバック一覧です: きょうのできごと:

« クロエ | トップページ | 女囚701号 さそり »