« 誰も知らない | トップページ | 嗤う伊右衛門 »

2005/12/15

スウィングガールズ

スウィングガールズ スタンダード・エディション
スウィングガールズ スタンダード・エディション
  • スタジオ: 東宝
  • 価格: ¥ 3,990
  • 発売日: 2005/03/25
  • 売上ランキング: 1,224
  • おすすめ度 4.4

私はずっとビッグバンドをやってきた。大学4年間みっちりやり、
卒業後も年に数回はどこかでライブをやる。担当はトロンボーン。
なのでこの映画に関しては普通の人の目線ではみれなかったかも。

東北のとある高校で補習を受けていた女子高生たち、ひょんなことで
甲子園地区予選のブラスバンド部に弁当を届けることに。
ところが彼らが一斉に食中毒にかかり、ブラスバンド部代役を
やらされることになった彼女らは、ビッグバンドをやろうとしたが・・

まあだいたい野球の応援では普通ビッグバンドは地味すぎてやらないような気もするし
(山本リンダとかよね。普通。)あとは楽器を自動車修理工場で
直しちゃったりとかもかなり乱暴なんだけど、まあそういう細かいことは
置いておいて、いやあ、なかなか面白かったです。
最初は嫌がってた彼女らが、楽器の音が鳴るところでふと目を輝かせるところとか、
そのあとだんだん面白くなるところとか、そこらへんの心理は経験者として
すごくわかりました。音が鳴って、音階が奏でられて、簡単な曲でもいい、
一曲でも吹けたら、すごく楽しくなるんよね。初心者の頃を思い出しました。

彼女たちは、結局ブラスバンド部の楽器が使えなくなって、自分たちで楽器を
調達したり、教えてくれる人を探したり、練習場所を探したりしないといけない。
そこで試行錯誤する様子がなかなか面白い。東北特有?なのかイノシシ退治したり、
(そこで流れるのが何故か「What’s a wonderful world」なんでやねん。)
むちゃくちゃなんだけど笑える。
で、顧問の先生を見つけるくだりも笑えた。ああいう人いるのよねー
ジャズむっちゃ好きだし詳しいんだけど自分じゃ全然できない人。実はけっこういる。
そしてその先生が習いに行く教室にいる先生が谷啓なのが、個人的には
かなりツボやったわ。谷啓、トロンボーンかなりうまいらしいんだけど
ちゃんと聞いたことなくて。聞けるかと思ったけど吹いてるシーンはほんのわずか。
残念・・・

と、試行錯誤しつつ彼女たちはコンクールを目指すのですが、
なんかねえ、急にうまくなるのよね。楽器探したり練習場所探したり、と
わかりやすいところについては面白くやってるんだけど、
練習風景はだいぶはしょられていた。なんで急にそんなにうまくなるんだよ。
でもまあ、「普通なら1拍目で取る拍を、裏でとってみるとジャズっぽくなる」
っていう基本?の説明はしてたから(青信号の音楽をジャズ風にしてみたり!)
その感じ方さえつかめば、あとは練習を積めばうまくなるはず、
だからまあ、いいのか。ロングトーンのシーンばかり映画でやってもしょうがないしな。

まあそんな感じでコンクールをむかえるわけですが、
その演奏にはちょっとびっくりしました。数ヶ月間合宿して練習して、
女優たち本人が吹いてると聞いたけど、まとまってるー
個人レベルとしてはまだ初心者段階だけど、全体の音の鳴り方がいいねえ。
いきなり難しいミディアムナンバー「moonlight serenade」からスタート、
この曲はやったことあるけど、ゆったりした曲ほど雰囲気を出すのが
かなり難しいんですが、なかなかいい感じになってたし、
ラストの「sing sing sing」もいい。
ドラムの人がセンスよかったし、トランペットに一人経験者がいたみたいで
初心者ではありえないハイノート(高音)を吹きまくってました。びっくり。
思ってたよりいい演奏で、更にみんな本当に楽しそうにやってて、
いいなあ久しぶりにまたやりたい、と思ったりもして。
20人で一つの音を鳴らしているっていう感覚、本当にぞくぞくするし、
楽しいんだよねー。

と、映画の感想なんだかなんなんだか、って感じなんだけど、
さすが「ウォーターボーイズ」の監督、こんな地味なテーマをきちんと
エンターティンメントとして仕上げていて、とても楽しめました。
女子高生たちもいいですねえ。トランペットやってた貫地谷しほりと
トロンボーンやってた本仮屋ユイカがいい感じでした。あとドラムの子もー
それからフォークギターの二人組には爆笑した。

そうそう、今公式サイトみてたら、登場人物の個人的な背景まで
きっちり書かれていてかなり笑える。そういう細かいところもいいねえ。

それから更に個人的なことだけど、今まで「ビッグバンドってどんなん?」と
聞かれても困ってたんだけど、これからは「スウィングガールズみたいな」って
言えるようになったので、そこらへんはこの映画に感謝。
あとねえ、モデルとなった某高校ビッグバンドのセーラー服姿を
神戸ジャズストリートでみかけたことあります。演奏は聴けずに、残念。

この記事を評価する

|

« 誰も知らない | トップページ | 嗤う伊右衛門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7674/101894

この記事へのトラックバック一覧です: スウィングガールズ:

« 誰も知らない | トップページ | 嗤う伊右衛門 »