« バトル・ロワイアル | トップページ | ピンポン »

2005/12/23

ハッシュ!

ハッシュ!
ハッシュ!
  • スタジオ: ハピネット・ピクチャーズ
  • 価格: ¥ 2,800
  • 発売日: 2004/07/10
  • おすすめ度 4.83

ゲイのカップルの前に突然現れた一人の謎の女。
そして女は要求は一つだけ。「子供が欲しいの。」
子供はなんとスポイトで作っちゃおうという!とんでもない提案。
しかし、彼女のその言葉で、子孫も残さず二人ぼっち、寂しく生きていくと決めていた
ゲイの二人に波紋が投じられた・・・・

もう、スポイト、だけで笑ってしまったが、小さな笑いが次々こみ上げる中、
観ていくとしみじみと、人間の温かみを感じる作品。

ゲイの二人の空気感がすごく微妙でいいし、そこにいきなり割り込んでくる女が
また最初は異物感ありまくりでいい。で、彼女が溶け込む過程が自然で素なのが、
またいい。なんか、皆、素なんだよねえ。いい意味で。

子供を作る、で、作る作らないに関係なく、「一人じゃないって素晴らしい」、
そういうことがわかりやすい空気として私のもとに届いて、なんだかとても幸せになりました。

主役3人は以上のようにとてもよかったんだけど、脇役がまたいい味出してる。
お兄さんが良かったなあ。「好きなように生きたらええ」と去っていく彼は、ステキでした。

音楽がまたポップで好き。少しコミカルでしみじみなこの映画によく合っていた。
映像も、特にアングルに凝らずに、ちょっと素朴な感じだったのがまたいい空気感を出していた。
部屋を遠くから、同じアングルで撮るシーンが多かったなあ。
気まずさも幸せさも、その空間から伝わるっていうか。

とりあえず文句なくいい映画なのだが、
しかし、田辺誠一がちょっと好きな私としては、
映画途中に絶句したことをここに告白しなければならない。
「キ、キスシーンですか・・・・」

|

« バトル・ロワイアル | トップページ | ピンポン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7674/141291

この記事へのトラックバック一覧です: ハッシュ!:

« バトル・ロワイアル | トップページ | ピンポン »