« 耳をすませば | トップページ | アタック・ナンバーハーフ »

2005/12/06

アタック・ナンバーハーフ2

アタック・ナンバーハーフ ワン・ツーBOX
スタジオ: ジェネオン エンタテインメント
価格: ¥ 6,090
発売日: 2004/09/24
売上ランキング: 13,849
おすすめ度 3

何を思ったかしっかり続編までみてしまいましたよ。
今度は「オカマチームのそっくりさんチームと対決?」といった
内容だけど、オカマチームが実在していて、その本物たちが
偽者チームを演じる、というややこしいが面白い設定。
どこまでそっくりなのかが気になって借りてしまいました。

期待に反してそっくりさんの本物たちは前面に出てこないで、
いきなりノンとジュンが仲たがいして、ノンがライバルの
そっくりさんチームに入ってしまうところから話は始まる。
キレまくっているジュンは、中国にいるピアに話をきいてもらおうと、
チャイと旅に出る。そこで昔の思い出話が始まり、
ノンとジュンとの出会い、ノンが普通の男だったのに
ジュンと出会うことでカミングアウトを決心するくだりが語られる。
更にピアとの出会い、レズの友達との大騒ぎ、なんかが語られ、
そして中国へ、さてノンとジュンはどうなる?
そしてライバルのそっくりさんチームとの試合は・・・?

彼らの過去がけっこう面白く、オカマさんがカミングアウトするって
すごいことよなーなんて思いつつみていた。
(だって男やってたときのノンはでかい平井堅みたいな二枚目であった)
そしてオカマが自分の思うとおりに生きるってのは
本当に難しいんだな、なんてことも思いながら。
カミングアウトしてしまう彼らは、自分を騙せない
不器用な人たちなんだよね・・・・
でも最初から周りの理解があって天真爛漫にカミングアウトしていた
ジュンが、みんなを勇気付けていったのだな、なんて
思って、ほほえましかった。

あとは期待していたそっくりさん対決、多分本物たちは
演技は無理だったのか、試合シーンのみで少し物足りず。
試合も短かったし・・・
でも最後はさわやかな余韻を残しました。

1はインパクトあって面白かったが、
2はインパクトが減る分がマイナスだけど、
1に深みが加わる感じで、やっぱりセットでみたらいいんじゃないかな。

それにしても何度みてもピアはキレイだ。どういうこっちゃ。
実際もゲイの役者さんで「現在”女優”として活躍中」・・・どういうこっちゃ。

|

« 耳をすませば | トップページ | アタック・ナンバーハーフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7674/68314

この記事へのトラックバック一覧です: アタック・ナンバーハーフ2:

« 耳をすませば | トップページ | アタック・ナンバーハーフ »