« フル・モンティ | トップページ | 少林サッカー »

2005/12/06

カンフー・ハッスル

B0001M3XGK カンフーハッスル コレクターズ・エディション
チャウ・シンチー ユン・ワー ブルース・リャン

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2005-07-16
売り上げランキング : 952

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


上映終了日が迫るある平日、友達とレイトショーで観ようと行ってきた。
田舎なので、劇場はけっこう広かったが、私と友達の二人しかいなかった。
「うわ、まずこの状況がありえへんわ」と二人ではしゃいでいたら、
カップルがぎりぎりに入ってきて4人に。でも人が少ないので
心おきなく笑えて、楽しく観れた。

「少林サッカー」監督・主演の異才チャウ・シンチーが放つ
「ありえねー」カンフー映画。
いや、このキャッチコピーうまいですね。何度も「ありえへん」って
突っ込んでしまって、コピーの思うつぼだった私。

斧頭会が牛耳る街にある、豚小屋砦という集落。そこにやってきたチンピラ、
斧頭会を名乗って脅迫しようとするが、そこに本当にやってきた斧頭会。
だが、豚小屋砦の一見弱そうな住人達がありえないカンフー技で奴らを追い返し、
斧頭会との闘いが始まる・・・

すごく弱そうな人が実は強かったり、いきなり強くなっちゃったり、
前作同様のはちゃめちゃぶりで、「ちょっとやりすぎちゃうん」って思うくらい。
ちょっと残虐なシーンが多くてそれが残念でした。
まあでもここまでむちゃくちゃやってくれちゃうと気持ちいい。
娯楽映画として気持ちいいです。いやあ楽しめた楽しめた。
ストレスがすうっとなくなっていくのがあからさまにわかりました。

出てくる人がまたみんな味があって、悪役の斧頭会ですら何故か憎めないんですが、
何よりあのカーラー巻いたおばちゃんがすごかったなー。強烈でした。

チンピラ(がチャウ・シンチーなんですが)の幼なじみ、口のきけないアイス屋の娘が
出てきて、ささやかなロマンスもあり。でもその幼なじみの存在が鍵というか、
彼女を救おうとして救えず、強くなろうと願うチンピラの姿、なんかをみるにつけ、
本当に強いってどういうことか、みたいなこともほんの少し考える、そんな感じ。
チンピラの過去とかもっとあったら、ラストの「ありゃりゃ」って展開も
理解できた気がするんだけど、あの突拍子のなさがまたいいといえばいいし、
まあ、ストーリーなんかどうでもいいか。

好き嫌いが分かれるのは間違いないけど、なーんも考えずに見たら
ストレス解消にいいと思います。DVD買って持っておきたいくらい、
私にとってはいい治療薬でした。

続編の撮影を日本でやるとか、日本女優を起用するとか、監督は言ってるようです。
「吉永小百合さんのファン」だそうな。いや、吉永さんはこの映画出てくれないと思うよ・・。
日本版「カンフーハッスル」、実現するなら楽しみです。

|

« フル・モンティ | トップページ | 少林サッカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7674/68404

この記事へのトラックバック一覧です: カンフー・ハッスル:

» カンフーハッスル [Yupaのお勧め -アフィリエイト実験サイト-]
劇場公開の最終日に見に行きました。 ちょっと元気がなくなっていたときだったので笑って元気が出てきました。 最近レンタルで「少林サッカー」もみましたが、期待にたがわぬ面白さ。チャウ・シンシー最高です。 時々意味もなく落ち込んでしまうことがあります。....... [続きを読む]

受信: 2005/12/15 23:39

» カンフーハッスル [ココカロ]
たしかに、ありえねーっ。なんだけど、少林サッカー以来、この手の免疫が出来てしまった(笑)のか、結構楽しかったりする。 この手の話はストーリーを追うようなものではないが、意外とストーリーがあって、おもしろい。主人公のシンの過去だけが物語の中でクローズアップされる。 物語のキーポイントで出てくる懐かしの「ぺろぺろキャンデー」は、中国でも日本と同じように子供たちのお菓子だったんだね。 「ありえねえ�... [続きを読む]

受信: 2005/12/19 00:56

« フル・モンティ | トップページ | 少林サッカー »