« マルコヴィッチの穴 | トップページ | マルホランド・ドライブ »

2005/12/11

マグノリア

マグノリア<DTS EDITION>
マグノリア
  • スタジオ: ポニーキャニオン
  • 価格: ¥ 3,990
  • 発売日: 2004/01/21
  • 売上ランキング: 19,974

3時間の長丁場。見る人は午後10時半から見たりするのはやめましょうね。
寝るのが2時になります。

トムクルーズが変な役ででてる、以外は何の情報もなく観た映画だったが、
恐ろしく印象に残る映画だった。
トムクルーズ扮するハイテンションなセックスの教祖、かなり面白い、強烈なキャラだが、
彼が主役なのではなく彼は「主役の一人」に過ぎない。
10人を超える?たくさんの主人公、
彼らの3日間にわたるドラマを同時進行で追いかけていく。そんな映画。
クイズ番組の出演者の天才チビッコ、司会者、
昔の天才チビッコ、司会者の娘、警官、セックスの教祖、
死にかけの病人、その看護人、病人の若い妻。
何の関係が?というこれらの人たちが
同じ時を過ごし、同じクイズ番組を共有し、同じ「異常」事態に遭遇する。

確かに今自分がここでこうしている間にも、無限の人たちが無限の人生を生きている、
それを実感できる。そしてそのことの大きさ、すごさに改めて気づかされる。そんな映画。
皆過去を背負って、今を生きている。一生懸命。そのことの、すばらしさに気づく。

そして偶然のいたずら、その不思議さに驚かされる。
人と人との出会いにも、不思議な運命がある。

多分、そんなまともなことを思いながら観たはずなんだけど、
最後の「異常事態」があまりにも強烈で、
全部忘れてしまった・・・・・
ネタをばらすわけにはいかないのでとにかく観てください。
しかし、あれって、「ありうる」の?

|

« マルコヴィッチの穴 | トップページ | マルホランド・ドライブ »

コメント

検索で貴記事を発見!拝読させて頂きました。

登場人物が自覚しない間に、
同じ道路を車に乗ってすれ違う。
鮮やかに切り取られた人生の断面が、
そのままの鮮度で展開されて行く脚本は、
本当に見事でした。
そしてそれを演じた役者も。

ということで、私の記事、TBさせてくらさい。
(ブログの趣旨にそぐわないと判断された場合には、遠慮無く削除して下さいませ)

投稿: カゴメ | 2005/12/28 13:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7674/82840

この記事へのトラックバック一覧です: マグノリア:

» ★「マグノリア」、エキサイティングな濃密作品★ [★☆カゴメのシネマ洞☆★]
「マグノリア」 (1999) 米MAGNOLIA 監督:ポール・トーマス・アンダーソン製作:ジョアンヌ・セラー脚本:ポール・トーマス・アンダーソン撮影:ロバート・エルスウィット音楽:ジョン・ブライオン出演:ジェレミー・ブラックマン トム・クルーズメリンダ・ディロ...... [続きを読む]

受信: 2005/12/28 13:56

« マルコヴィッチの穴 | トップページ | マルホランド・ドライブ »