« このブログについて | トップページ | 笑の大学 »

2005/12/14

フライ、ダディ、フライ

フライ,ダディ,フライ
フライ,ダディ,フライ
  • スタジオ: 東映
  • 価格: ¥ 3,990
  • 発売日: 2005/12/09
  • 売上ランキング: 3,892
  • おすすめ度 5

公式サイト

平日の夜、一人でふらっと映画に行くのは楽しい。
ふらっと映画をみて、帰りにちょっとウインドウショッピングをして、
デザートつきのパスタを食べて、コーヒーを飲みながら
お気に入りの文庫をひらいたり、映画のシーンを思い出したり。贅沢だ。
ましてや、観た映画がすがすがしい映画だったらなおさら。

すごくいい気分で家路につくことができた。

原作を読み期待が膨らみ、さらに映画の脚本が金城一紀本人だというので
これは期待を裏切らないはず、しかも岡田准一と堤真一、文句なし。
さらにチケットをローソンで買ったら絵本までついてくる。いいことづくしだ。

そして映画は期待を裏切らず。あーすがすがしい。

(ストーリーは原作の感想にかいつまんでますからそれを参照してください。すんません。)

原作の根本に流れるものを損なうことなく、脚本はシンプルに仕上げられている。
そういやもともと映画化ありきで原作は書かれたみたいだから、
当然といえば当然なんだけど、本でしか表現できないもの、映画でこそ
表現できるもの、そういう分け方がしっかりされている気がして、気持ちいい。

原作にはないシーン、家で一人ぼっちで犬と遊ぶ朴舜臣の姿をみせたり、
朴が怪我をした原因が違うことだったりしていたけど、そういう些細なことで
彼の孤独や弱さが浮き彫りにされて、そしておっさんとの友情も際立ってくる。
孤独な高校生とおっさんとの友情物語、そういうシンプルでストレートな
メッセージが伝わってきて、すがすがしい。

私は何度も泣きそうになってしまった。でもあざとさが全然ない、
泣かせに入ってないのに泣ける、シンプルなのに深い。そして温かい。

印象に残るシーンがいくつもあって、映像的にもみせる映画だった。
岡田准一がいい。たたずまいだけで絵になる彼、彼が「鷹の舞」を
踊っていて、それまでのモノクロシーンがカラーになって空に色がつく、
そのシーンはずっと頭から離れない。美しい。
たたずまいだけで美しいけど、はじめは冷たい舜臣の目がどんどん優しくなって、
どんどん年相応の高校生になっていく様子がわかって、ああ心を開いたんだな、と、わかる。
なんか油断してましたけど(?)すごい役者かもしれないなあ、って思いました。
岡田准一すごいかも。かっこいいだけじゃないかも。
堤真一はいわずもがな、です。弱いおっさんが強くなったのが目だけでわかる。
稀有な俳優さんですね。この二人がどーんと演技してくれるので、
それだけでも十分な見ごたえ。

でも脇にしっかりいい人たち使ってたので、にやりにやりでした。
バスがねえ。鈴木さんがトレーニングで普段乗っていたバスを追いかける、
いつもの乗客が手に汗握ってそれを見守る、すばらしいシーン、
バスの中がまた、味のある個性派俳優で占められ、彼ら一人一人に
人生を感じるわけで、そして鈴木さんの走りに彼らが元気になるのがわかる。
おっさん達が元気になるすごい映画なんですよ。これは。

そして映画ではシンプルにまとめられてましたが、ザ・ゾンビーズのメンバーもいい。
南方をやっていた松尾敏伸(「きょうのできごと」のかわちくんだよな)が
居住まいがよくって、でもカリスマ性があってぴったりでした。いい存在感。

あくまで俳優の持ち味と脚本の面白さを生かしたシンプルな映画、
でも泣いたり笑ったり私の感情の起伏はあがったり下がったり、
そして終わったあと温かくさわやかな気分で、家路につくのです。
すべてのおっさんたちへ、そして私みたいな弱い人たちへ、届けたい映画。

|

« このブログについて | トップページ | 笑の大学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7674/98232

この記事へのトラックバック一覧です: フライ、ダディ、フライ:

» DVD『フライ,ダディ,フライ』  [みかんのReading Diary♪]
フライ,ダディ,フライ(2005/日本) オススメ♪  鈴木一は愛する妻と自慢のひとり娘がいる平凡なサラリーマン。ところがある日、その大切な愛娘が男子高校生に殴られ入院してしまう。相手の石原という男はボクシングの高校チャンピオン。娘はすっかり心を閉ざしてしまい、復讐を誓う鈴木は包丁を隠し持って石原の高校へと向かった。校門前で“石原を出せ!”と叫ぶ鈴木だったが、校舎から出てきたスンシンに一発でのされてしまう。そもそも間違って別の学校に乗り込んでいた鈴木だが、彼の話を聞いたスンシンと彼が率いる... [続きを読む]

受信: 2006/01/10 15:07

» 「フライ、ダディ、フライ」 [Ciel Bleu]
『GO』の金城一紀原作・脚本、岡田准一と堤真一主演による青春ドラマ。娘を襲った男に復讐を誓う中年サラリーマン・鈴木は、包丁を片手に男の高校に乗り込む。しかし焦... [続きを読む]

受信: 2006/01/14 07:26

» フライ,ダディ,フライ [とんとん亭]
「フライ,ダディ,フライ 」 2004年 日本 ★★★★☆ 面白かった! 好感持っている、堤真一と V6の岡田准一主演。 どこにでも、いそうな サラリーマンを堤真一が、いかにも「頼りなげ」に演じている。 堤、演じるサラリーマンの鈴木は、年頃の娘と妻...... [続きを読む]

受信: 2006/04/08 23:11

« このブログについて | トップページ | 笑の大学 »