« ラン・ローラ・ラン | トップページ | ジャッキー・ブラウン »

2005/12/06

フォー・ルームス

フォー・ルームス
フォー・ルームス
  • スタジオ: アミューズソフトエンタテインメント
  • 価格: ¥ 3,129
  • 発売日: 2005/08/03
  • 売上ランキング: 16,159
  • おすすめ度 4.62

タランティーノ映画は久々だったんだけど、
ああ、この荒唐無稽なこの感じ!と嬉しくなった。
調べてみると4監督のオムニバスなんだけど、
どれもこれもいっちゃってて最高。

ホテルのベル・ボーイが、大晦日から正月に至る
いかれた客たちの世話をしに4つの部屋に出向くんだけど、
一つ目の部屋は魔女が数人集まって超下品なことを企んでるし、
二つ目の部屋は夫が妻を縛っててボーイは浮気相手と疑われるし、
三つ目の部屋はいかれた子供2人を置いて親はパーティ行っちゃうし、
四つ目の部屋は役者とその友達がとんでもない賭けをしているし。
ボーイはいちいちまきこまれ、いい思いをしたり死にかけたり
ゲロ吐いたり!チップもらったりしていて、大騒ぎ。

部屋にいる役者が曲者ぞろいの大物ぞろい、
あのブルースウイルスがろくにアップにもならないくらい、の贅沢な使い方してて、
そんな中をキレたり口笛吹いたりしながら小気味よくわたっていく
ボーイのティム・ロスがとにかく最高。いい味出してるわ~

もちろんそうやって役者が期待にこたえてはいるんだけど、
これだけの役者をまんべんなく印象的に使える監督達の手腕には
舌を巻くし、これを一つにまとめたタランティーノの職人芸にも拍手。

とにかく小気味よくて笑えて洒落た映画でした。
最後の話の最後の最後がもう、・・・ボーイ最高だぜ。わはは。
といいつつ3つ目の部屋のガキどもも大好き。

|

« ラン・ローラ・ラン | トップページ | ジャッキー・ブラウン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7674/68372

この記事へのトラックバック一覧です: フォー・ルームス:

« ラン・ローラ・ラン | トップページ | ジャッキー・ブラウン »