« キング・コング | トップページ | 博士の愛した数式 »

2006/02/02

THE 有頂天ホテル

THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション
THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション
  • アーチスト: 役所広司
  • 発売元: 東宝
  • 価格: ¥ 4,914 (22% OFF)
  • 発売日: 2006/08/11
  • 売上ランキング: 76

観たのは一週間以上前になりますが、いまだにシーンが浮かんでは消え、
いちいち笑えます。映画館であれほど笑ったのはいつぶりだろ。
「イン・ザ・プール」以来かなあ。とにかく面白かったー

ホテルアバンティの大晦日。いきなり「謹賀信念」とでかでかと描かれてしまった
垂れ幕を眺める副支配人。なにそれ。わはは。既にもうそこで全て心を持っていかれた私。

大筋もいくつもの筋に分かれてる。汚職政治家、その元愛人、
シンガーソングライターとしての夢を追いたい若者、何故かもめてるカップル、
スイートルームの愛人騒動、副支配人の元妻への見栄が生むへんてこな事態、
白塗り支配人、歌いたいけど歌えない歌手、死にたい歌手、コールガールとくねくね踊り、
それぞれのドラマがちゃんと2時間の間にどれも同じ密度で濃密に進行し、
そして絡みあって携帯電話は壊され、鹿の着ぐるみは被り、人形はめぐりめぐって、
アヒルのダブダブは彼らの間を縦横無尽に歩き回る。

これだけの豪華キャスト、どないすんねん。と正直思っていた。
特別出演扱いとか、一瞬しか出ない人とかもいるんだろうなあ、
大々的にポスター載ってても、とか思ってたけど、
見事に全員が適材適所でいい演技してて、彼らのドラマはちゃんと流れてる。
天才的脚本で豪華キャスト全員を活かしきった三谷幸喜、素晴らしい。すごい。

ま、一瞬しか出ない人もいますよそりゃ。高島彩とか。(←見つけられずいまだに悔しい)
そういう人を探すのも一興なんですけど。

芸達者な人が多いもんだから、皆大真面目に演技してるのに何故かそれで
爆笑を誘えるんですよねえ。役所広司がまずその筆頭じゃないですか。
真面目に鹿被ってまじめにやってんのにあれだけ笑わせるって・・ベタな展開だけど笑えたな。
あと角野卓造が今回すごかったなあ。くねくね・・・・いい役もらいましたよね。最高。
それから伊東四郎ね。今回隠れまわってただけね。でも一番笑いとってたね。

なんか、三谷幸喜の笑いは温かいな、と思います。
一生懸命やってる人たちがその懸命さから慌てふためいたり、とんでもない行動に出るのを
笑い飛ばしてるんだけど、見下して笑うんじゃなく、ちゃんとその懸命さに敬意を評した
笑いというか。
なんていったらいいんだろう、皆とっても人間らしいんですよね。
ただ懸命に生きてるその部分でにじみ出る笑いを掬い取っていくのがうまいというか、
だからこちらはひたすら純粋に笑っていられるような。
あー何書いてるのかわからんけど。

1シーンは長回しでとってたみたいですよね。メイキングでやってたけど。
それが絶妙の間とかを生み出す秘訣でもあるんでしょうね。
政治家が逃げる算段をホテルの人たちと喋ってるシーンとかに、
それが生かされてるのをすごく感じました。
あれだけ豪華キャストで長回しかあ。緊張だよなあ。
でも役者さんたちも楽しかったんじゃないかなあ。

とにかく映画館中大爆笑の渦。満員の映画館に幸せが降りてきた、至福の2時間でした。
ストレスが0になった気がしましたね。私の心残りはアヤパンだけです。

舞台セットも素晴らしかったし、それより何より音楽がよかったなあ。
香取くん演じるベルボーイが演歌歌手に歌うシーンがあるんですが、その歌とか。
YOUが最後に歌う歌とか。あれ、バックのビッグバンドに村田陽一がいるって最後の
テロップで知って「古畑任三郎のサントラの人!」と嬉しくなりました。
今でも時折脳内で流れては元気をもらえる、素敵なジャズナンバーです。
YOUの声も雰囲気があってすごくよかった。

あと細かいツボ
・ホテル探偵の存在(だけで笑えた)
・佐藤浩市の出演シーン(ファンなので)
→香取くんと絡むと「おお、近藤勇と芹沢鴨が抱擁!」と喜んでしまった。
→そしてラストは新見錦と絡んでるんだよな(すんません大河「新選組!」ネタです)
→あと関係ないけどいつも何か食べてた。マスカットとかお茶漬けとか。ダメすぎ。
・松たか子の片言日本語(一番笑ったポイントかも。コメディやらせてもいいよねえ彼女)
・耳が大きい?
・なぜ鹿?
・あの人スッチーだったの?えー
・西田敏行の芸名「徳川ぜんぶ」・・もしかして徳川家康とか吉宗とか、全部やったから?
・手品師寺島進が人を入れた箱に剣を指すマジックを練習して「い、痛い・・」
・オダギリジョー全般(この人変な役ほど愉しんでるやってるよなあ)
・くねくねダンス全般(みたかったー)

この記事を評価する

|

« キング・コング | トップページ | 博士の愛した数式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7674/592402

この記事へのトラックバック一覧です: THE 有頂天ホテル:

» 映画館「THE 有頂天ホテル」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
面白かったよ!凄く楽しめましたよ!! 豪華俳優陣もみんなイイ味出していて、良かったよ! でもね、感想が浮かんでこない。。。 なんだか、盛り沢山過ぎて何に焦点をあてればいいのか分からなくなったよ。。。最初ッから飛ばしっぱなしで、テンションの高~い作品で...... [続きを読む]

受信: 2006/02/07 22:59

» WOW-CHOTEN HOTEL! [おやつは300円までよ。]
観て参りました! THE 有頂天ホテル いやはや、ほんま三谷幸喜ワールドでした。 ほんま、いい役者さんばっかだったわ!感想は、普通におもしろかったです。「わぁー!すんげーおもろいーっ!」って感じではなかったなぁ。でもまぁ、飽きずに最後まで観てたんですけど・・・! 個人的に、みんなのいえ夫妻が出てきたのに感激☆さすが三谷さん! すごいなーと思ったのはやっぱり色んな人とのつなげかたがうまいです。観てて、そうきたか!って何度もなったわ。あの妙な人形、昔流行ったよね? あとYOUの歌... [続きを読む]

受信: 2006/02/09 19:40

» THE 有頂天ホテル ('06) [On every Today's Result.]
 ―この冬、最高に泣ける映画!! (私限定) たまきさん(@JS@ANNEX)、みやさん(@Hana*shigure)のところでエントリを拝見して、うらやましい…!私も観にいきたい…!!とじりじりしていましたが、ようやく観にいってまいりました。THE 有頂天ホテル。 …泣きました。笑い泣きでなく、本気泣きです。 映画館を出るときに、女性客の殆どがマスカラを気にしていたホテルビーナス('04)でもじわ、ぐらいで済んでいたのに、涙だーだー流して泣きました。 …というのも、私自... [続きを読む]

受信: 2006/02/12 01:04

» 映画 THE 有頂天ホテル [あれやこれや]
先日友人が着てきたスカートのお尻についていた大きなリボンがとてもかわいらしくて、後ろをついていってしまいそうになったkbbです。おはようございます。親鳥の後をちょこちょこついていくカルガモの子供のようになってしまいましたよ。 昨日の写真ピンぼけしていますね..... [続きを読む]

受信: 2006/02/25 09:31

» 近藤 勇 [ポスター] [本の紹介ページ]
近藤 勇 [ポスター] [続きを読む]

受信: 2006/05/02 23:33

« キング・コング | トップページ | 博士の愛した数式 »