« 県庁の星 | トップページ | ロスト・イン・トランスレーション »

2006/04/28

恋の門

恋の門 スペシャル・エディション (通常版)
恋の門 スペシャル・エディション (通常版)
  • 発売元: 角川エンタテインメント
  • 価格: ¥ 4,935
  • 発売日: 2005/04/08
  • 売上ランキング: 40,449
  • おすすめ度 3.33

うわ、松尾スズキやりよったね。すごいね。面白かった~

石の漫画芸術家の蒼木門、コスプレOLの証恋乃との恋物語。
誰にも理解されない石の漫画を書く男、門が、ある時美人OLに出会い、
一晩を過ごして童貞喪失?かと思いきや、朝起きたらすごい格好をさせられていて、
ぱちぱちと写真を撮られている。何事?彼女はコスプレが趣味で、
そして同人誌にマンガを書いていた。かみ合わない二人。さて、この二人の恋の行方は?

すさまじい設定で、ビジュアルで見るとすごいねえ。コスプレ世界とかコミケとか。
コミケって、あんなに人が集まるんだ・・・。
あの人の波を遠くから映すと、ちょっと圧巻だったなあ。

この映画はキャスティングの妙につきるかも。松尾氏のエッセイ「ギリギリデイズ」を読んで、
松尾氏の交遊関係(いや、仕事やし)を知ってるもんで、あああの知り合いが出てる、と
楽しく見れました。
あ、小島聖や、とか、大竹しのぶも出てるー、とか。小日向文世もすごい役で出てたし。
片桐はいりもすごいインパクト。特別出演なのに強烈だった。
小島聖、あれ何?側転で登場するって何?やばすぎ。
で、大竹しのぶがコスプレ好きの親の役で、メーテルになってた。似合ってたけど。
豊富な人脈が生んだ、贅沢なキャスティング。みんな楽しそうに変な役をやってて、
それを見るだけで笑えました。

あと、劇中に出てくるアニメを作った庵野秀明氏と安野モヨコ夫妻が出てる、
これも安野モヨコのエッセイ漫画にエピソードが書いてあったなあ、とか、
そういう、他の楽しみがいろいろあって面白かった。

主演の松田龍平と酒井若菜もいい味出してた。
松田龍平は思った以上に器用な役者さんですねえ。
「御法度」のイメージがまだあるけど、コメディもいい味出してる。
酒井若菜も抜群のスタイルでコスプレが似合う似合う。で、かわいいOLと
異常なコスプレ女のハイテンションとの落差が面白い。
で、松尾スズキ、さすがの存在感。でも酒井若菜といちゃいちゃしたくて
この役になったんじゃ・・・とほんの少し思った。なんか、おいしかったぞ。

そんなキャストで続くラブコメ。漫画も読んでいたからわかるけど、
長い漫画の面白いところをおいしいとこ取りしてうまく脚本にまとめた監督の手腕も買いたいし、
気合いの入った演出、カメラワーク、突拍子もないCGなんかに支えられ、
ポップで原色な映像世界に誘われる。ラストはひとつ突き抜けた幸せ感。
あと、忌野清志郎がアパートの住人役で出てて、いきなり歌い出して、いきなりミュージカルに。
その歌が幸せで楽しくって、大笑いで、すごいいいスパイスになってた。
「恋の門をひら~け~よ~」
作詞は松尾スズキらしい。マルチな才能。

|

« 県庁の星 | トップページ | ロスト・イン・トランスレーション »

コメント

こんばんは、TB&コメントありがとうございます。
かなり役者が曲者揃いというか、カメオ出演の役者探しだけでも笑える強烈さだったですねw
松田龍平といえばNANAなんか酷かったし個人的にはいつもイマイチ感があってしょうがないんですが、これは悪くなかったです、でもやっぱり酒井若菜に持っていかれてしまったかなw

ラブストーリーは苦手なんですがこういう捻りの効いた作品は面白いですね。

投稿: lin | 2006/04/29 01:52

linさん
NANAはまだ観てないんですけど、龍平さんはそんなにいけてなかったんですか(笑)楽しみにしときます(おい)確かに酒井若菜にもってかれてたかも・・。あんな面白い女優さんとは知りませんでした。今後注目です。
松尾スズキ氏がラブストーリーやると凄いことになりますね。さすがです。まあでもこれ、原作からぶっ飛んでましたけどね・・・。

投稿: ざれこ | 2006/05/01 00:53

映画のブログに遊びにきてくださってありがとうございます~
これ、おもしろかったですよねー。
でも、最後がちょっとぐずぐずじゃなかったです?
松尾スズキ&酒井若菜の組み合わせ
ドラマ「マンハッタンラブストーリー」を思い出しました。
一昨日、「真夜中の弥次さん喜多さん」を見たのですが
ミュージカル仕立てのとことか、メチャクチャなとことか
「恋の門」と同じ匂いがしてました。
あ、上にコメントされている方も同じ「リンさん」だ~

投稿: LIN | 2006/05/02 12:05

LINさん(おお、どちらもリンさんだ)
TBありがとうございました。
「マンハッタン・ラブストーリー」みてなかったんですよ。面白かったらしいですよねえ。でも、この映画って松尾スズキ氏は酒井若菜といちゃいちゃする役で、職権乱用?とか思っちゃいました。美味しいよなあ・・・。
「真夜中の・・」もまた見なきゃ。忘れてました。ありがとうございます。

投稿: ざれこ | 2006/05/11 00:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7674/1603943

この記事へのトラックバック一覧です: 恋の門:

» 恋の門 [J'aime le cinema]
以前、kyokyomさんに教えてもらった漫画「恋の門」 それを原作にした映画。 松尾スズキ初監督作品。 蒼木門(松田龍平)は石で漫画を描く自称「漫画芸術家」 当然、食えない。 証恋乃(酒井若菜)は昼はOLだが実はコスプレマニアであり 同人誌の漫画家。 そんなふたりが、恋に落ちる。 だが「芸術」と「オタク」という相反する感性同志がぶつかりあい 惹かれあうと同時に反発しあう。 キスシーンと吐くシー... [続きを読む]

受信: 2006/05/02 12:00

« 県庁の星 | トップページ | ロスト・イン・トランスレーション »