« 父と暮せば | トップページ | 陽気なギャングが地球を回す »

2006/05/23

パッチギ!

パッチギ ! スタンダード・エディション
パッチギ ! スタンダード・エディション
  • アーチスト: 塩谷瞬
  • 発売元: ハピネット・ピクチャーズ
  • 価格: ¥ 3,990
  • 発売日: 2005/07/29
  • 売上ランキング: 6,197
  • おすすめ度 4.5

1960年代。京都。主人公はもてたいがために変な頭になって笑われる、普通の高校生。
ある日朝鮮高校の喧嘩にまきこまれ、逃げ込んだバスが倒れてえらいめに遭うんだけど、
破天荒な先生が「おまえらサッカーの親善試合申し込んで来い」と彼らを朝鮮高校に追いやる。
行った先ではこないだの喧嘩でバスを倒したアンシンがいて、
そして彼の妹がフルートで参加して奏でている曲は「イムジン河」・・・。
妹を忘れられない主人公は、風変わりな酒屋からギターを習い、
朝鮮の歴史について知っていく。

金城一紀の本とか読んで、在日の人たちについては理解してるつもりに勝手になってたけど、
全然でした、すいません。と謝りたくなる、そんな映画でした。
お葬式のシーンで主人公がおじいさんにいろいろ言われて、
私までいたたまれない気持ちになりつつ、
「でも、彼は彼なりに朝鮮をわかろうとしてるんよ」とも思って見てしまってました。
するとその彼が奇跡を起こす。ラストのテンションの上げ方は見事としか言いようがないです。
川を挟んだ決闘、日本と朝鮮の子どもが生まれ、コウちゃんはイムジン河を歌う。
私も涙が止まらなくなりました。すごいいい映画です。

喧嘩ばかりしてる映画だけど、闘いは両者を救わない。やっぱり音楽は万国共通で、
それを奏でてればなんとかなる、そんな気持ちになれました。
朝鮮人の人がきいたら「お前に何がわかるんじゃ」と言いたいんだろうけど、
私は私なりに、各日本人がその人なりに、考えていくしかないんだろうと思います。
そういう問題提起を投げかけてくれつつ、エンターティンメントとしても実に秀逸な映画です。

盛り上げ方、見せ方がうまいというか、喧嘩のシーンも数十人がずばーっとおしよせてきて
バスを倒すんですから。それぞれの喧嘩が凄惨を極めつつ実に華やかで、
見せ場たっぷりでした。学ランの裏地の赤が目に残ります。
そして印象的な川のシーン。朝鮮と韓国を挟む川のように、日本人の世界と朝鮮人の住む町は
そこでも川でへだてられていて、それを渡るシーンが全部印象的でした。

キャスティングも、当時は無名だった人々を実にうまく配置して、
もう完璧とも言えるキャスティング、売れ筋よりも映画の完成度を高めた結果、
役者達も売れてきて、っていう素晴らしい相乗効果。
沢尻エリカはちょっと可愛すぎますよ。
お兄ちゃん役の高岡蒼佑も、その後かその前かわかりませんけど
ドラマ「人間の証明」に出てて、うまい役者だなあと思ったのを覚えてるけど、
ここでも完全にアンシンで、喧嘩っ早くてひどいんだけどいい男、な
人間的魅力を出しまくってて、すごいなと。
主役の塩谷瞬も爽やかでいい味出してたけど、あまり活躍を聞かないな・・。
オダギリはまあ、ご愛嬌で・・・。でもどこに出てもいい味だよなあ。
目立つけど、目立ちすぎないし。脇にも主役にもあっさりなれる俳優さん、稀有な存在です。
ファンの贔屓目じゃないと思う。ま、しかし、あの格好は・・・・。さすがっつうか・・・

|

« 父と暮せば | トップページ | 陽気なギャングが地球を回す »

コメント

>主役の塩谷瞬も爽やかでいい味出してたけど、あまり活躍を聞かないな・・。


この間ま「白夜行」に出てましたよ。
あと秋公開の映画「出口のない海」にも出ます。

投稿: NK | 2006/05/23 08:58

訂正

この間ま=×
この間まで=○

投稿: NK | 2006/05/23 08:59

ざれこさん、こんばんは。
『GO!』をずいぶん前に観て、そしてこの『パッチギ!』を観て、少なからずショックを受けました。
知っているようで知らない、近くて遠い国、朝鮮半島のことについて私はあまりにもあやふやなことしか知らないんだなぁと思って。

投稿: 由松 | 2006/05/23 20:34

NKさん
そうだったんですか。私「白夜行」をみてなかったもんで知りませんでした。どの役で出てたのか気になります・・。
「出口のない海」にも出るんですね。原作を読んでいるので、映画も楽しみです。

由松さん
そうですね、私もわかったつもりでいてたなあ、って反省しちゃいました。ほんま、私もなんにも知りませんね。それがわかっただけでもよかった、なんて思います。いい映画でしたね。

投稿: ざれこ | 2006/05/25 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7674/1903227

この記事へのトラックバック一覧です: パッチギ!:

» 『パッチギ!』 [練習オタクの日々]
そういえば実家のそばのたまに行く公園の横に朝鮮学校(多分小学校)があった。 公園で遊びながら校舎の中をのぞくと、ハングルの50音表(っていうのかな?)などが貼ってあったりして、なんだか子どもながらに異国情緒を感じて、その公園自体が不思議な場所のような気持ちだった。 家に帰ってその学校のこととかを親に話すんだけど、なんだか反応が薄い、というか、あんまりそのことに関しては詳しく話したくない、という... [続きを読む]

受信: 2006/05/23 20:31

» DVD『パッチギ!』  [みかんのReading Diary♪]
パッチギ ! (2005/日本) オススメ♪ 1968年の京都。東高校2年の松山康介はある日、担任の布川先生から指示を受け、常日頃争いの絶えない朝鮮高校へ親善サッカーの試合を申し込みに行くハメになった。そして、親友の紀男と共に恐る恐る朝鮮高を訪れた康介は、音楽室でフルートを吹くキョンジャという女生徒に一目惚れしてしまう。間もなく彼女の兄が朝鮮高の番長アンソンであることも知る康介。それでも彼はキョンジャと仲良くなるため、楽器店で知り合った坂崎からキョンジャが演奏していた『イムジン河』という曲... [続きを読む]

受信: 2006/05/24 03:08

» 『パッチギ!』 [京の昼寝〜♪]
■監督 井筒和幸 ■キャスト 塩屋瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子、オダギリジョー、光石研、笹野高史、余貴美子、前田吟    殴り合ったら、同じ色の血が流れた。  誰かが線を引いたなら、俺が線を消してやる。  歌いたい歌を、歌うんじゃ。  今こそ、愛だせっ。    胸ときめく切ない恋と涙あふれる熱い友情、そして思わず顔をしかめる程の激しいリアル・ファイトに満ち、無軌道な若者たちが不条理な社会の荒波�... [続きを読む]

受信: 2006/05/28 22:54

» パッチギ! [映画醒酔]
<パッチギ!> あらすじ:1968年、京都。東高校2年の松山康介(塩谷瞬)はある日、担任から言われ犬猿の仲の朝鮮高校へサッカーの親善試合の申し込みをしに行くハメになる。親友の紀男(小出恵介)と朝鮮高校に恐る恐る忍び込んだ康介は、朝鮮高の番長の妹・キョンジ....... [続きを読む]

受信: 2006/06/06 01:12

« 父と暮せば | トップページ | 陽気なギャングが地球を回す »