« ダ・ヴィンチ・コード | トップページ | NANA »

2006/06/19

花よりもなほ

時は赤穂浪士の頃。青木宗左衛門は父の仇を討つため、松本から江戸へ。
そして仇の相手を探しつつ、貧乏長屋で暮らしている。
そこには個性的な面々が揃っていて、頼んでもないのに仇を探してくれる人とか、
すぐ切腹したがる貧乏武士とか、夫に先立たれ一人で息子を育てるおさえさんとか、
その他たくさんの愛すべき人達が住んでいる。
しかし、逃げ足はやたら速いが剣術はからきしだめな宗左衛門、寺子屋を開いて
子ども達に読み書きを教えるようになる。
そして、仇が見つかるが、仇には妻と小さい子どもがいた。

赤穂浪士と思われる人達も登場、お犬様も登場、と時代背景ははっきりわかるが、
それでも貧乏長屋の日常に終始する物語。斬新な時代劇。
キャスティングが見事にはまっていて、いつもならお笑い芸人が映画に出てると
なんか気になる私だけど、今回はたくさん出ていたのに、皆すんなりはまっていた。
オリジナル脚本故か。その他のキャストもすごい豪華。岡田准一や宮沢りえといった
カリスマ性のある人達を主役に据えつつ、脇も揃えて、一つの群像劇を作り上げている。
それぞれがとっても自然にその人になってるもんだから、長屋全体の息づかいが
聞こえてくるよう。出番が少なくても、みんなが活き活きと過ごしているのがわかる。
役者が全員よかったー。もう誰がいいとかいちいち書くのも面倒なくらい。犬すら良かった。

平穏なおもしろおかしい日常も、仇も見つかって少しずつ動き出すが、
憎しみにかられて、やられたらやり返すんじゃなくて、死んでいった人が遺してくれたものを
大切に、それを次の人に遺していけるような、そんな生き方もステキよね、っていう
メッセージが織り込まれてて、もう、すごいいい話。心温まりました。
細かな笑いの要素もふんだんで、私はかなりツボにはまってしまって、
ずっとくすくす笑ってしんどくなる時まであったんだけど(たくさん!たくさん!と飛び跳ねる
シーン、完全下ネタなのにむちゃくちゃ受けてしまった・・)
でも泣けるシーンもいっぱいあって。
最後らへんは面白いんだか泣けるんだかわからんわ、みたいな。
宗左衛門が碁を打ちながら言った台詞には泣けたなあ。
岡田准一、目だけでいい演技するなあ。やられたわ・・・

ラストがまたすごい爽快、してやったりな感じなのです。いろんな人を騙してやった、
ってわけだけでもなく、時代に勝った、人生に勝った、そのくらいに爽快。
そう、長屋のみんなで「クソを餅にした」、そういう物語でした。
終わってからずっとにやにや笑いが止まらなかったくらい。
一人で映画館を出てにやにや、オシャレなパスタ屋で晩ご飯を食べてにやにやです。
ま、最後の宗左衛門の笑顔にやられてにやにやしてたってのもあって。
こんな独身女怖いわ。

武士の物語って、男の意地とか、男たるものは強くあるべき、とか、
そういうコンセプトのが多かった気がするけど、
だからこそこんな時代劇は斬新で、共感できました。
剣が強いだけが本当に強いってことなのか?腹を切れば本当に男らしいのか?
みっともなくても、生きて生き続けること、それこそ本当に強いってことかもしれない。
そういうメッセージがとても心に染みました。もう何度も言うけど、本当にいい映画です。

どうでもいいんだけど、町人のそで吉役の加瀬亮が、オダギリジョーそっくりだったのが
すごい気になった。髪型が似てただけと思うけど。
あまりアップでうつらないもんだから、オダギリかと思ってそわそわして、
でも声が違うしなあ、とか、彼の正体がやたら気になって気が散ってしまった。
まあでも、この豪華キャストだし、オダギリが出ててもおかしくないもんねえ・・・

それはさしおいても、そで吉の色気にもちょっとやられましたわ。
そで吉周辺の人間模様とか、主流じゃないエピソードも秀逸で、
それがまた作品に深みを増してました。
つらくてもみっともなくてもずーっと生きて、好きな人が年老いてくのを見守るのです。
そんな生き方も、また、粋じゃないですか、ねえ。

|

« ダ・ヴィンチ・コード | トップページ | NANA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7674/2294181

この記事へのトラックバック一覧です: 花よりもなほ:

» お笑い芸人辞典 [お笑い芸人辞典]
お笑いブーム真っ只中!桜塚やっくん・次長課長・劇団ひとり・など色々なお笑い芸人の情報。 [続きを読む]

受信: 2006/06/26 03:52

» 映画:花よりもなほ [駒吉の日記]
花よりもなほ@丸の内ピカデリー 「く○を餅に変えるんですよ」 「風さそう 花よりもなお 我はまた 春の名残を 如何とかやせん」 (風が花を散らしてしまうのをどうすることもできないように、私もまた自分自身をどうすることもできないものだ)赤穂浅野藩第3代藩主... [続きを読む]

受信: 2006/07/06 10:34

« ダ・ヴィンチ・コード | トップページ | NANA »