« メゾン・ド・ヒミコ | トップページ | 花よりもなほ »

2006/06/13

ダ・ヴィンチ・コード

えっと、まず私の状況から説明すると、原作はつい最近読んだところです。
かなり細かく覚えてます。
そんな状況で観ました。2時間半の長丁場なので、プレミアシートでポップコーンつき。

見てる間はなんの疑問も感じず、面白く感じてました。
原作で長々とある薀蓄部分がすべてカットされ、人物達はさくさくと暗号を解き、
さくさくと動いていきます。原作で長いなと感じてた部分が早回しになった感があり、
こちらもストレスなしに見ることができました。
原作もそもそもがハリウッド的派手な展開なので、原作の深遠さを損なうとか、
そういう感じでもないわけです。薀蓄が確かに映画では少なすぎるんだけど、
まあ、原作は長すぎたしなあ。一長一短?くらいの感じで見てました。

でも、あとで落ち着いて考えると、多分間違いなく、
原作読んでないとついていくのしんどいよね。原作読んでる側から見たら悪くないけど。
こんなこと言うのもあれだけど、映画制作者は全員ことごとく原作を読んでて、
何もかも知ってる前提で映画作っちゃったんじゃないのかなあ。私と一緒で。
原作を読んでない第三者が間に入って一言「え、これって何で?わからん」とか忠告してたら、
もうちょっと説明が入ったはずなんだけどな。先入観って怖いよなあ。

最初のほうだからネタバレしてないと思うから書くけど、ルーブル美術館館長が、
素っ裸で死んでるじゃないですか。あれ、あんな格好をして死ぬのには重要な意味があって、
まあそりゃ大筋には絡まないとはいえ、原作では一通り薀蓄があって、この館長さんが
あんなあられもない格好で胸に星書いて死んでる意味もあったわけです。
なのに映画ではそこはさくっと流されてた気がする。役者はあんな格好で死んでるってのに、
(しかもライトが絶妙な位置に当たってたな)その意味がないわけです。かわいそうだよ。
で、彼が書き残した暗号、あれはフィボナッチ数式だっけ?
その数式が重要な鍵だったわけだけど、そんな説明ほとんどなしに、
トムハンクスの目には字が光って見えて、解読できちゃう。魔法?

とまあそんな具合でずっと続きます。中途半端に説明不足。
途中、大胆にはしょった場所もあったので驚きましたが、多少筋が違ってもいいから、
もっと大胆にはしょってもよかったかなあ。
で、必要なところをもうちょっと説明すればよかったかなあ。
銀行の職員がなんであんなに躍起になったかとか、全然わからないままだったしな。

まあ、だから、原作読んでいったら面白く観れると思います(フォローになってるのか)
ハリウッド的派手な展開でスリル満点だし、ぱあっと楽しめます。
読んでない人は、えーっと、最後まで見たらなんとなくわかるんじゃないかな?
職場の、読んでない人に感想聞いても「なんかついていくのに精一杯」とはいいつつ、
ちゃんとオチまで理解してました。

つまり、ラストだけ過剰なくらい説明。そこ強調したら嘘っぽくならん?って感じ、でも力説。
まあそもそも嘘っぽいからいいのか別に。最後だけわかりやすくてそれが面白かった。

映像で補完できたところもたくさんあったので、文句はないんです。本当に。
テンプル騎士団の像もすごかったし、ニュートンの墓ってあんなでかいんだ、とか。
もっと小さなものかと思ってました。度肝抜かれたな。
あれら、ホンモノよね。どこか、拒否されてロケできなかったところもあったと思うけど、
ロスリン大聖堂だっけ?ドキュメンタリーで観た方が荘厳だった気がするけど。
それって映画としてどうなん・・・

まあ、この映画をのほほんとポップコーン食べながら観れるのは日本くらいでしょう。
変な宗教心は嫌いだし無心論者だけど、何も信じるよりどころがない私たちも
寂しい気はしますね。これだけ世界がこの映画に過剰反応してるのを見ると。
まあ、でも楽しく観ました。すいません。

トム・ハンクスじゃなくてもなあ。あの教授に演技力必要か?
映画だけで話題性あるから、無名の役者を売り出す、格好の機会なのにねえ。
あとジャン・レノの扱いが非常に中途半端。名優なのになあ。ジャン・レノじゃなくてもさ・・。
多分、原作を読んでない人にフェイントかけようとしたんだろうなあ。ま、いいけど。

オドレイ・トトゥが、「アメリ」と全く違う顔を見せてくれたので新鮮でした。
頭よさそうで、それでいて可愛らしい魅力を持ったソフィーだったと思います。
あとシラス役の人が強烈だった。ある意味主役だよ。むちゃくちゃ印象残ったわ。
彼とアリンガローサ(この人は悪役顔で好かんが)とのエピソードも変にはしょられたので、
シラスの名演も活かしきれず、少し残念でした。

|

« メゾン・ド・ヒミコ | トップページ | 花よりもなほ »

コメント

おぉ、観ましたか♪
やっぱり原作を読んだ人は同じ様な感想を持ちますね。
暗号を解くところがあんなに早いとは・・・とか
大事に扱われていたはずの事が無くなっている・・・とか。
でもやっぱり映像で観れた部分も大きいですね。
私もトム・ハンクスじゃなくても良い気がします(笑)
あの髪型イマイチだし(ォィ

投稿: このみ。 | 2006/06/15 01:07

このみ。さん
トムハンクスの髪型!いまいちでしたね(笑)彼は今回何がおかしいのか、とずっと考えてましたが、髪でしたか。あと、ちょっと太った?とか、そんなつまらないことがよく気になりました。ちょっと長かった・・・(苦笑)

投稿: ざれこ | 2006/06/19 22:54

TB&コメントありがとうございました。

トム・ハンクスの髪型やっぱ変でした?私は額がまたあがったのかなと思ってました…。
読んで時間がたってしまった私は思い出しながらの「映像化ツアー」的でお得な感じでした♪
それにしてもホント、ライトの位置絶妙(笑)。

投稿: tien | 2006/06/21 22:50

tienさん
私は読んですぐ見たもので、早送りみたいでした。それはそれでまあよかったですけど。
ライトは絶妙でしたでしょう?(笑)あと、トムハンクスは髪が変に長いのにおでこも広かったですね、やばいのかな・・・・。

投稿: ざれこ | 2006/06/22 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/7674/2207129

この記事へのトラックバック一覧です: ダ・ヴィンチ・コード:

» ジャン・レノ/ジャン・レノ [アイドル・タレント・芸能人一発検索]
携帯でも「ジャン・レノ」を一発検索!! 「ジャン・レノ」の情報を「一発検索」携帯サイトで見てみよう! ジャン・レノ 関連のDVD エンパイア・オブ・ザ・ウルフ リュック・ベッソン監督作品集 DVD-BOX ミッション:インポッシブル レオン 完全... [続きを読む]

受信: 2006/06/14 15:34

» 『ダ・ヴィンチ・コード』 [テンポ。]
いやいやいや、観て来ました。 (ネタバレはしていないつもり) 原作を読んでから映画を観た方がいいのか、映画をまず観ちゃった方がいいのか。 最近色んなところでこの事が話題に出ていますが、 私は原作を読んでから、映画を観る事を強くオススメします!! やっぱり映画..... [続きを読む]

受信: 2006/06/15 01:08

» 『ダ・ヴィンチ・コード』 [映画館で観ましょ♪]
面白かったです! 頭が痛くなるほどに難解なのかと思ったら、 そうでもなく…深く考えてないから? 宗教の奥深さは完全に無視した感じですが。 なので薄っぺらく上辺だけを、 謎解きサスペンスとして楽し... [続きを読む]

受信: 2006/06/19 22:21

» 「ダ・ヴィンチ・コード」ロン・ハワードはやっぱ職人監督だな [小生の映画日記]
ストーリー: ルーヴル美術館の館長の死体が発見され、周りには不可解な暗号が残されていた。暗号の中には館長がその日、会うことになっていたハーヴァード大学のラングドン(トム・ハンクス)の名前が含まれ、疑いを掛けられたラングドンは現場に呼び出されるのだった。 ...... [続きを読む]

受信: 2006/06/20 07:42

» 「ダ・ヴィンチ・コード」(アメリカ/2006) [よむみるひび]
監督:ロン・ハワード「アポロ13」「ビューティフル・マインド」「シンデレラマン」など [興奮の2時間半][:拍手:][:拍手:][:拍手:][:拍手:] ●ロケ万歳! 珍しく公開初日に見にいってしまった!めちゃ混んでいた。さっすが世界的ベストセラーの映像化は違う。結論。すっごく良かった!よく上下巻分テンポを殺すことなくうまくまとめているなと感心。2時間半が短かった。謎解きにつぐ謎解き、どんでん返しにつぐどんでんがえしが、そしてキリスト教史の薀蓄が原作既読者の私でも楽しんでハラハラして見... [続きを読む]

受信: 2006/06/21 22:27

» 「ダ・ヴィンチ・コード」難解なミステリーをハリウッドテイストで [soramove]
「ダ・ヴィンチ・コード」★★★★ トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ主演 ロン・ハワード監督、2005年アメリカ ルーブル美術館の館長が殺害された。 彼の死体はダ・ヴィンチの有名な素描 「ウィトルウィウス的人体図」を模して横たわっていた。...... [続きを読む]

受信: 2006/07/03 07:39

« メゾン・ド・ヒミコ | トップページ | 花よりもなほ »