2006/02/02

THE 有頂天ホテル

THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション
THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション
  • アーチスト: 役所広司
  • 発売元: 東宝
  • 価格: ¥ 4,914 (22% OFF)
  • 発売日: 2006/08/11
  • 売上ランキング: 76

観たのは一週間以上前になりますが、いまだにシーンが浮かんでは消え、
いちいち笑えます。映画館であれほど笑ったのはいつぶりだろ。
「イン・ザ・プール」以来かなあ。とにかく面白かったー

ホテルアバンティの大晦日。いきなり「謹賀信念」とでかでかと描かれてしまった
垂れ幕を眺める副支配人。なにそれ。わはは。既にもうそこで全て心を持っていかれた私。

大筋もいくつもの筋に分かれてる。汚職政治家、その元愛人、
シンガーソングライターとしての夢を追いたい若者、何故かもめてるカップル、
スイートルームの愛人騒動、副支配人の元妻への見栄が生むへんてこな事態、
白塗り支配人、歌いたいけど歌えない歌手、死にたい歌手、コールガールとくねくね踊り、
それぞれのドラマがちゃんと2時間の間にどれも同じ密度で濃密に進行し、
そして絡みあって携帯電話は壊され、鹿の着ぐるみは被り、人形はめぐりめぐって、
アヒルのダブダブは彼らの間を縦横無尽に歩き回る。

続きを読む "THE 有頂天ホテル"

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2005/12/14

うつつ

佐藤浩市主演です。そして宮沢りえ。キャストだけで即レンタルした映画。
とりあえず二人がみれたら話なんかどうでも、と思ってたら、いやはや、面白かった。

池島は普通の会社の課長補佐、結婚7年目、平凡な夫婦生活を送っていた。
するとある雨の日、傘に入れてくれた妖艶な女性が、突然告白をする。
「あなたの奥様はうちの主人と不倫してます。」
「私たちも同じことをしてやりましょう・・・」
女に妖しい声でそういわれ、男はめくるめく官能の世界へ踏み込んでいく。
そして、更に女にささやかれ、ある計画を実行に移す・・・・

続きを読む "うつつ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカルイミライ

アカルイミライ 通常版
アカルイミライ 通常版
  • アーチスト: オダギリジョー
  • 価格: ¥ 4,935
  • 発売日: 2003/06/27
  • 売上ランキング: 6,767
  • おすすめ度 3.7

くらげがね。・・・いやはや、くらげが。

くらげの猛毒に私もやられたか、なんか映画観てる間、痛かった。
痛い痛い痛い。

主要人物3人が皆明らかにずれてて、違和感があるようなないような、
その「ずれ」が自分とぴったり重なるようにも、全く理解できないようにも思えて、
それがまた違和感で、もうなんと表現していいかわかんないんだけど、
なんか私はずっとむずむずしていて、そして痛くて痛くて。

続きを読む "アカルイミライ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ヴァイブレータ

ヴァイブレータ スペシャル・エディション
ヴァイブレータ スペシャル・エディション
  • スタジオ: ハピネット・ピクチャーズ
  • 価格: ¥ 4,935
  • 発売日: 2004/06/25
  • 売上ランキング: 4,772
  • おすすめ度 4.27

原作を先に読んで、「いやこれ映像化不可能でしょう」とか
思いながら映画を観たのです。
なんていうか、むちゃくちゃ中にこもった原作で、女一人の心理描写が
これでもかと痛いくらいに伝わってくる、そんな本なんです。
これ映画化するなら相当の演技力必要だよな、だから寺島しのぶなんだよな、
と思いつつも観てみて、そして納得。

続きを読む "ヴァイブレータ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/12/11

アメリカン・ヒストリーX

アメリカン・ヒストリーX
アメリカン・ヒストリーX
  • スタジオ: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日: 2000/09/22
  • 売上ランキング: 31,775

父を黒人に殺されたショックから、極端な白人至上主義になってしまったデレク、
持ち前の頭のよさとカリスマ性から、彼等集団のリーダーとあがめられる。
ある時、車強盗の黒人を惨殺したデレクは刑務所に入り、そして変わる。

そうとは知らず彼をあがめ続ける弟ダニーは、ナチスを支持する論文を書き、
校長から書き直しを命じられていた。翌日までに書かないと退学。テーマは「兄弟」。
その日はデレクの出所の日だった。ダニーはその一晩で何を得るのか・・・

続きを読む "アメリカン・ヒストリーX"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/12/07

エバー・アフター

エバー・アフター
スタジオ: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
価格: ¥ 4,935
発売日: 2000/05/26
売上ランキング: 28,168
おすすめ度 4.41

シンデレラのお話です。
主演ドリュー・バリモア。
彼女はけして美人とは思わないが、この映画だとすごく魅力的だった。
笑顔がかわいいし表情豊か。女は愛嬌よ、やはり。

シンデレラといっても主人公は童話にあるようなおとなしいシンデレラではなく、
むちゃ気が強くて勇ましい、王子様だろうがなんだろうが意見するような、そんな娘。
その発想が斬新で、今風。共感できる。
話はまあ、ハッピーエンドに向かうわけだが、王子様もシンデレラが召使と知って
しり込みしたりとかして、現実的でなかなか面白かった。

しかしああだこうだいってもこの映画は女優さんの魅力に尽きます。
ドリューバリモアを満喫してください。かわいいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/06

アイ・アム・サム

I am Sam : アイ・アム・サム
スタジオ: 松竹
価格: ¥ 4,935
発売日: 2002/12/21
売上ランキング: 3,211



子供が出てくる映画には弱いのだ。親子愛とか、そういうのは。
なので劇場公開時、観る機会があったが(無料券があったが)観なかった。
あとで一人で観てやはり号泣。やっぱり行かなくてよかった・・・

7歳の知能しかない知的障害者のサム、娘が7歳になってしまい、
彼の知能を追い越してしまいそうになる。問題も起こしてしまい、
彼に親としての能力がないとみなされ、二人は離れ離れになる。
サムは裁判を決意、優秀な女性弁護士につきまとい、
弁護士は周りの目を気にして無料で弁護を引き受ける。
しかしサムの友人はことごとく証言できず、サム本人も・・・

続きを読む "アイ・アム・サム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イン・ザ・カット

イン・ザ・カット
イン・ザ・カット
  • スタジオ: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 価格: ¥ 2,000
  • 発売日: 2005/06/22
  • 売上ランキング: 6,667
  • おすすめ度 2.6

ジェーン・カンピオン監督「ピアノ・レッスン」はかなり印象に残っている映画だ。
もう10年位前に確か元の彼氏と二人で観た。
当時は私もまだ若かったので、なんていうか、なんで主役の女の人は
あのワイルドなおっさんにそこまでのめりこむんだろう、なんて思いつつ、
なんとなく感じる不快感というか、いやな感じというか、そういうのを強く思い、
それでも観終わった後は「なんか、よかったよね」ってなっていた。
当時の彼氏の感想「俺この映画嫌いや」・・・ああ、男の人はなんとなく嫌いそうだ、
っていうのもなんとなく納得がいった。
まあ今思えばその「ワイルドなおっさん」はハーヴェイ・カイテルなわけで
そりゃーはまるやろ、って感じなんだが、当時彼の魅力を全くわかってなかった私、
それでも女特有のいやらしさというか、エゴというかえげつなさというか、
なんかそういうのを感じたような、気がする。

続きを読む "イン・ザ・カット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルビノ・アリゲーター

B00005HARE アルビノ・アリゲーター
マット・ディロン フェイ・ダナウェイ ゲイリー・シニーズ

ビデオメーカー 2000-05-26
売り上げランキング : 33,979

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ケビン・スペイシー監督作品。

あるバーに、強盗が逃げ込んできて、立てこもる。
そこに居合わせた客達と犯人との鬼気迫る時間をただひたすら描いた映画だった。
それだけの話なんだけど、その緊迫感はまれにみるもので、息を殺して観ました。

土壇場になったときの人間の本性、が剥き出しになる、怖い映画だった。
最後は本当に考えさせられます。自分なら、どうするか?

ケビン・スペイシー、役者としても相当のタマですが監督としても相当です。
あんまり知らないでしょうけど観てね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイズ・ワイド・シャット

B00006585B アイズ・ワイド・シャット
トム・クルーズ ニコール・キッドマン シドニー・ポラック

ワーナー・ホーム・ビデオ 2002-04-05
売り上げランキング : 7,507

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


公式サイト

巨匠キューブリック監督の未完の遺作、
更にトムクルーズ、二コール・キッドマン元夫妻競演で話題になった映画です。

どうもR指定な印象ばかりが強いが、観たらそうでもない。それを期待したら裏切られます。
一見何事もない円満な夫婦、しかしある日の妻の衝撃的告白から、夫は妄想にさいなまれ、
さらに不思議な世界に入り込んでいく、そんな話。あんまりだらだらとストーリー書いたらよくないね。

私には最後、よくわからなかった。もちろん話の筋はわかる、しかし、巨匠の言いたいことは
おぼろげにも理解できなかった。
・・・・・意外と夫婦で見ると感慨深いのかも。私はまだその高みまで昇りつめてないのか?

全体的にやはり前時代的です。今、っぽくはないが、芸術的。映像も音楽も、なぜか役者も。
音楽を強烈に覚えている。ピアノの単音で、ポーン、ポーンと単に叩いてるだけなんだけど
(あれは多分ラか、ラのフラットの音だと思う。音がラでちょっと暗めなのも強烈。)
それが否応なく緊迫感を増す。前時代的、かつ斬新でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)