2006/05/10

ロスト・イン・トランスレーション

ロスト・イン・トランスレーション
ロスト・イン・トランスレーション
  • 価格: ¥ 3,990
  • 発売日: 2004/12/03
  • 売上ランキング: 1,730
  • おすすめ度 3.29

ウイスキーのCM撮影のため、東京にやってきたハリウッドスター。今は映画にも出ておらず、
少しぱっとしない。異国で、言葉が通じない中仕事をしている彼、同じようにホテルにずっと
滞在している若い女性と出会う。女性はカメラマンの夫と一緒に日本にきていたが、
夫の仕事中ずっと放ったらかされていた。
その二人が、孤独を強いられる国で、少しずつ近づいていく。

日本って、外国からみたらこんなにあかん国なんや、とちょっと驚愕をもって
この映画をみてしまいました。「キルビル」とか「SAYURI」とかなら、
そんなんちゃうって、とつっこんで見れるんだけど、この映画は違う。
私たちって、海外の人にこんな風に接しちゃってるな、って、すごい思った。リアルだ。

続きを読む "ロスト・イン・トランスレーション"

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2005/12/23

恋愛寫眞 - Collage of Our Life -

恋愛寫眞 - Collage of Our Life -
恋愛寫眞 - Collage of Our Life -
  • スタジオ: 松竹
  • 価格: ¥ 4,935
  • 発売日: 2003/11/22
  • 売上ランキング: 8,346
  • おすすめ度 3.68

「マヨヌードルは美味しいでしょうか?」
静流がよく、こういいながらカップヌードルにマヨネーズを
たっぷり置いてから、ずずずとすする。
で、何も言わずにカットが変わる。

「おいしいのかよー教えてくれよー」
・・・この映画のイメージはまずそれだ。
誰か美味しいかどうか教えてください。自分でやる勇気がなくって。

ま、それはとにかく感想です。ほんのちょっとネタバレ?かな。と
思うので、観てない人は読まない方がいいかもしれません。
気をつけて書きますが。

続きを読む "恋愛寫眞 - Collage of Our Life -"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

竜馬の妻とその夫と愛人

竜馬の妻とその夫と愛人
竜馬の妻とその夫と愛人
  • スタジオ: 東宝
  • 価格: ¥ 6,300
  • 発売日: 2003/05/21
  • おすすめ度 3.69

白状します。この映画を観るコンディションは最悪でした。
あの日はとにかく眠かった。
私は寝転んで部屋を真っ暗にして映画を観るのが常なもんだから、
眠いともう、拷問なのね。起こしてくれる映画ならいいんだけど、
あいにくとこの映画(の前半)はそうじゃなかった。
私は途中でビデオとめて2時間寝ましたな。

続きを読む "竜馬の妻とその夫と愛人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嗤う伊右衛門

嗤う伊右衛門
嗤う伊右衛門
  • スタジオ: 角川エンタテインメント
  • 価格: ¥ 4,935
  • 発売日: 2004/07/23
  • 売上ランキング: 30,307
  • おすすめ度 3.29

京極夏彦の同名小説を映画化。
私は原作がかなり好きなので、イメージを壊す映画だったら嫌やな、
と思いつつ観たのだが、これがいやはや、
ここまで原作に忠実な映画ってそうないよね、ってくらい忠実。
正直そこまで忠実にやらんでもええんちゃうの、ってくらい忠実。
最後らへんは忠実すぎてちょっと吐き気が。
「蛇や鼠がうようよと出てきて」ってあたりはぼかして欲しかったわ・・・。

続きを読む "嗤う伊右衛門"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/15

笑の大学

笑の大学 スタンダード・エディション
笑の大学 スタンダード・エディション
  • スタジオ: 東宝
  • 価格: ¥ 3,990
  • 発売日: 2005/05/27
  • おすすめ度 4.27

時代は戦争中。演劇が検閲されていた時代。
堅苦しい検閲官のもとに、喜劇作者が脚本を持ってくる。
役人には喜劇のギャグが全く理解できず、
「そもそも外人が主役とはどういうことか、イギリスは敵国である」と一蹴。
「お前はチャーチルが握る寿司が食えるか?」

っていうかチャーチルの寿司の方が面白いやんか、と笑っていたら、
翌日喜劇作家が書き直した本を持ってくる。そこには
「チャーチルがそばを作るようなもんだ」と書かれている。
検閲官は真顔で「寿司のほうがいい、そうしなさい」

こうやって二人で作っていく究極の喜劇。

続きを読む "笑の大学"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/14

レザボア・ドッグス

レザボア・ドッグス スペシャルエディション
レザボア・ドッグス スペシャルエディション
  • スタジオ: ジェネオン エンタテインメント
  • 価格: ¥ 4,935
  • 発売日: 2003/09/26
  • 売上ランキング: 10,520
  • おすすめ度 4.64

最近自分の中でタランティーノが大流行で(マイブーム(死語))
デビュー作とりあえず観よう、と思って借りたのです。
しょっぱなからバカバカしい会話が6人の強盗たちによって繰り広げられていて
笑えるんだけど、そのあとのオープニングタイトルの音楽と映像のカッコよさに
あっさりしてやられ、「やはりタランティーノ」と思いつつ観始めました。つかみOK。
いつも思うけど、彼の選曲のセンスはただもんじゃないね。

続きを読む "レザボア・ドッグス"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ロード・オブ・ザ・リング~王の帰還

はりきって映画館まで観に行きました。
はい、正直言って、映画館で3時間半は長いです。長すぎです。
背中は板のようになり、終了後ふらふら。
トイレに行くことを予想し通路側を陣取りましたが
それは何とか耐えられたけれども・・・席を立つ人多数でしたね。

そういう意味で限界に挑戦できるなら、大画面で観るべき、とは思うが。
画面は恐ろしく美しかったです。大自然が素晴らしかったし、
信じられないくらいエキストラいましたね。CGかもしれんが、それでも凄い。
映画というエンターティメントをこれでもかと堪能できましたね。

続きを読む "ロード・オブ・ザ・リング~王の帰還"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ロード・オブ・ザ・リング~2つの塔

頑張って観たけども、なんかどうしても3部作の2作目って
中だるみな印象はぬぐえないなあ・・・。長さが身に染みました。

サムと二人になったフロドは、指輪のもとの持ち主である
ゴラムと出会い、道案内をさせることにしたのだけど、
ゴラムは指輪に毒され、善と悪が絶えず闘っていた・・・

続きを読む "ロード・オブ・ザ・リング~2つの塔"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/12

ロード・オブ・ザ・リング

ロード・オブ・ザ・リング ― コレクターズ・エディション
ロード・オブ・ザ・リング ― コレクターズ・エディション
  • スタジオ: ポニーキャニオン
  • 価格: ¥ 4,935
  • 発売日: 2002/10/02

3部作完結にあたり、やっと1作目から順にみてみました。
それにしても長い映画ですね。さらに3部作、計9時間以上。
これだけのクオリティでこの長さで映画を作ってしまうその力には
ほうと唸らざるを得ません。しかし、ちょっと長いよ・・・、
と思ってしまったのが正直なところです。すんません。

画面がとにかくキレイ。最初のホビット村の色鮮やかさだけで
あー観てよかった、です。冒険中の大自然がそれはもう美しく、
3部作のラストは大画面で見ることに決めてたんで、楽しみになった。

続きを読む "ロード・オブ・ザ・リング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/11

ザ・リング

ザ・リング
ザ・リング
  • スタジオ: アスミック
  • 発売日: 2003/05/02
  • 売上ランキング: 2,898

あの「リング」のアメリカ版。
どこまで変えられてしまってるのかと思いきや、かなり原作に忠実。
もちろん原作3部作も読んだし、日本版映画「リング」「らせん」を
わざわざ劇場まで観に行った私、リングには少々詳しいが、
その私がOKを出せる出来だったので嬉しかった。

続きを読む "ザ・リング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)