2006/07/25

ゆれる

大阪では1館でしか上映していない。近畿全体でも2館だけだ(7月末現在)
こないだの土曜日、昼1時頃映画館について、「2時50分の回1枚」と言うと、
「立ち見ですがいいですか?」と聞かれ、2時間前でも駄目だったか。と思いつつ
5時10分の回のチケットを購入。それでも整理券番号46番。
4時間も暇だったから、ついバーゲンで散財しちまいましたよ。疲れたわよ。
県庁の星とかさ、日本沈没とかさ、そういうのが大手映画館で見れて、
これを観るのに苦労するって、なんかね、違うと思うのよね。日本映画。
まあ私の知らない仕組みがいろいろあるんだろうし、いいけどね。

そこらのお涙頂戴の日本映画とはこの映画はまず、格が違います。

続きを読む "ゆれる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/29

メゾン・ド・ヒミコ

メゾン・ド・ヒミコ 通常版
メゾン・ド・ヒミコ 通常版
  • 発売元: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2006/03/03
  • 売上ランキング: 54064

最近、売れた本が映画になるようなことが多くなって、本7割映画3割の生活をしている
私にとっては、ストーリーを知ってる映画ばっかり観ることになったり、
映画を先にみてしまうか本を先に読むか悩んだりしてしまっている。
で、本が先にある映画はだいたい、無理がある。面白い映画もそりゃあるけど、
2時間で収まらない原作を無理に2時間にしたりするもんだから、はしょったりするし、
結末違ったりするし、映画だけだったらこの結末でも良かったりしても、
なまじっか原作があると、原作のほうが良かった、だの、そんな邪心で見てしまうから、
なんだか純粋に楽しめない。

続きを読む "メゾン・ド・ヒミコ"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/05/23

パッチギ!

パッチギ ! スタンダード・エディション
パッチギ ! スタンダード・エディション
  • アーチスト: 塩谷瞬
  • 発売元: ハピネット・ピクチャーズ
  • 価格: ¥ 3,990
  • 発売日: 2005/07/29
  • 売上ランキング: 6,197
  • おすすめ度 4.5

1960年代。京都。主人公はもてたいがために変な頭になって笑われる、普通の高校生。
ある日朝鮮高校の喧嘩にまきこまれ、逃げ込んだバスが倒れてえらいめに遭うんだけど、
破天荒な先生が「おまえらサッカーの親善試合申し込んで来い」と彼らを朝鮮高校に追いやる。
行った先ではこないだの喧嘩でバスを倒したアンシンがいて、
そして彼の妹がフルートで参加して奏でている曲は「イムジン河」・・・。
妹を忘れられない主人公は、風変わりな酒屋からギターを習い、
朝鮮の歴史について知っていく。

続きを読む "パッチギ!"

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2006/02/02

THE 有頂天ホテル

THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション
THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション
  • アーチスト: 役所広司
  • 発売元: 東宝
  • 価格: ¥ 4,914 (22% OFF)
  • 発売日: 2006/08/11
  • 売上ランキング: 76

観たのは一週間以上前になりますが、いまだにシーンが浮かんでは消え、
いちいち笑えます。映画館であれほど笑ったのはいつぶりだろ。
「イン・ザ・プール」以来かなあ。とにかく面白かったー

ホテルアバンティの大晦日。いきなり「謹賀信念」とでかでかと描かれてしまった
垂れ幕を眺める副支配人。なにそれ。わはは。既にもうそこで全て心を持っていかれた私。

大筋もいくつもの筋に分かれてる。汚職政治家、その元愛人、
シンガーソングライターとしての夢を追いたい若者、何故かもめてるカップル、
スイートルームの愛人騒動、副支配人の元妻への見栄が生むへんてこな事態、
白塗り支配人、歌いたいけど歌えない歌手、死にたい歌手、コールガールとくねくね踊り、
それぞれのドラマがちゃんと2時間の間にどれも同じ密度で濃密に進行し、
そして絡みあって携帯電話は壊され、鹿の着ぐるみは被り、人形はめぐりめぐって、
アヒルのダブダブは彼らの間を縦横無尽に歩き回る。

続きを読む "THE 有頂天ホテル"

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2005/12/14

アカルイミライ

アカルイミライ 通常版
アカルイミライ 通常版
  • アーチスト: オダギリジョー
  • 価格: ¥ 4,935
  • 発売日: 2003/06/27
  • 売上ランキング: 6,767
  • おすすめ度 3.7

くらげがね。・・・いやはや、くらげが。

くらげの猛毒に私もやられたか、なんか映画観てる間、痛かった。
痛い痛い痛い。

主要人物3人が皆明らかにずれてて、違和感があるようなないような、
その「ずれ」が自分とぴったり重なるようにも、全く理解できないようにも思えて、
それがまた違和感で、もうなんと表現していいかわかんないんだけど、
なんか私はずっとむずむずしていて、そして痛くて痛くて。

続きを読む "アカルイミライ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/12/06

イン・ザ・プール

イン・ザ・プール
イン・ザ・プール
  • スタジオ: ポニーキャニオン
  • 価格: ¥ 3,761 (10% OFF)
  • 発売日: 2005/10/19
  • おすすめ度 4.2

さて、「イン・ザ・プール」観てきました。
映画予告を一目見てからすっかりとりつかれて、
「絶対に観る!」と決めていたんですが、ほんま観て良かった~。
いやあ、笑った笑った。

伊良部総合病院の精神科医伊良部一郎のもとに、おかしな患者達、
継続勃起症(24時間勃ちっぱなし)のオダギリジョー、
強迫神経症の市川実和子、プール依存症の田辺誠一が次々訪れる。
しかし医者の方が変。注射フェチだし、わけのわからん話ばかりして
ちっとも治りそうにない、のだが・・?

続きを読む "イン・ザ・プール"

| | コメント (3) | トラックバック (2)