2006/06/30

嫌われ松子の一生

奇跡のような映画だった。原作読んで全部話を知っている私でさえ、最後は号泣した。
映画終わって、「まーげてー、のーばーしーてー」とふと最後に流れてた曲を口ずさんでしまい、
で、それだけで思い出し泣きできるくらいの号泣だ。後ろの席の人(兄ちゃん)も泣いていた。

普段から原作がある映画にはいろいろ思うところはあって、あれが違うこれが違うと
不満ばかりが目に付いてしまう。一旦出来たイメージは映画を観たら崩れるに決まってるのに、
それでもつい観にいってしまうのは、この原作を映画がどうやってアレンジしてるのか、
映画は映画で映画として、原作では出しえない魅力があるのかないのか。
そんなことが気になったり、キャスティングが気になったり。
そもそも映像化、なのだ。原作より想像力は限定されるけれど、
できることは山ほどあるはずで、人間を実体化できたり、すごい音をつけてみたり、
映像を美しくしてみたり、どうにでも転ばせられるはずなのに、
中途半端にしか転びきれない作品が多いのはどうしてだ。

続きを読む "嫌われ松子の一生"

| | コメント (2) | トラックバック (9)

2006/06/28

電車男

電車男 スタンダード・エディション
電車男 スタンダード・エディション
  • アーチスト: 山田孝之
  • 発売元: 東宝
  • 価格: ¥ 3,990
  • 発売日: 2005/12/09
  • 売上ランキング: 6358
  • おすすめ度 2.22

原作は読んでる(まとめサイトも読んだし)けど、実写で見たのは初めてかも。
ドラマもほんの少し見た程度だったから。へえ、実写だとすごいなあ。新鮮。

山田孝之が演技してるのをまともにみたのも初めてだったんだけど、
何ですか、きもいんですけど。
あんなに顔綺麗なのに、完全にオタクになりきってて、びっくりした。

続きを読む "電車男"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/23

ホテル ビーナス

ホテル ビーナス
ホテル ビーナス
  • スタジオ: ビクターエンタテインメント
  • 価格: ¥ 6,200
  • 発売日: 2004/09/10
  • おすすめ度 4.23

この映画のおかげでラブサイケデリコの3rdアルバム、購入ですよ。
手元にあった1枚目アルバムも聴きなおしてますよ。
映画の雰囲気、退廃的だけどなんとなく温かい雰囲気、
それを作り出すのに音楽が一役買ってましたね。

なんか、日本映画って特にだけど、主題歌だけ浮いてることって多い気がするが、
この映画は違った。一つの手段として見事に生かされてました。
「Everybody needs somebody」を聴くと、この映画を思い出します。
ま、でも、「デリコのプロモビデオ?」ってほど流れてた時もあったし、
少々過剰な時もあったかなー。いいけど別に。
あと、「夜空ノムコウ」のピアノ盤が流れててちょっと笑ってしまったが。

続きを読む "ホテル ビーナス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壬生義士伝

壬生義士伝
壬生義士伝
  • スタジオ: 松竹
  • 価格: ¥ 4,935
  • 発売日: 2003/06/25
  • 売上ランキング: 4,903
  • おすすめ度 4.17

私はあっさり原作で号泣したクチなので、映画も当然号泣である。
話は要領よくはしょっていて、斎藤一と大野千秋の二人の視点を主に
物語は進んでいる。それでもちょっと映画にしては長い題材だろうと思う。
こう原作がよいと映画化してもそれに頼りがちで、まあこの映画は
原作の持ち味を最大限生かそうと努力している感じが評価できた。

ちゃんと号泣できたのは役者さんの魅力によるかな、と。

続きを読む "壬生義士伝"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/12/06

約三十の嘘

約三十の嘘 特別版
スタジオ: 角川エンタテインメント
価格: ¥ 4,935
発売日: 2005/06/10
売上ランキング: 3,847
posted with Socialtunes at 2005/11/22

椎名桔平、中谷美紀主演、もうこれだけで観る価値十分なのだが、
予告でちらっとみたパンダの着ぐるみがすっごく気になっていた。
むっちゃ目つきが悪くてかわいくない。ゴンゾウって言うらしいし。
こいつがどんな風に出てくるのかとか、いろんな期待をして観た映画。

続きを読む "約三十の嘘"

| | コメント (0) | トラックバック (0)