2006/07/20

東京タワー

東京タワー 通常版
東京タワー 通常版
  • 価格: ¥ 5,040
  • 発売日: 2005/07/21
  • 売上ランキング: 19075
  • おすすめ度 3.5

「東京タワー オカンとボクと時々オトン」の映画化も決定しましたが(オダギリ主演って。
樹木希林って。観る気なかったのに観てしまうじゃないか)、
そっちじゃなくて、江國香織の「東京タワー」の映画化したやつ。

江國香織の本を映画化するってすごい冒険やと思う。
だって、何も起こらないことが多いもん。不倫だのいろいろしてたりしても、
ただずっとその状況のまま人々は過ごし、ちょっと心が波立ったりしても
また凪いでいって、っていう変化はあるけれど、人物達は日常的に過ごしていて、
感情が高ぶることもない。ドラマがないのだ。
文章にすると、ひたひたと迫り来る不安とか切実さとかを感じて、
読むと読者の心はそれなりに波立つ。のだが、映画だとそれをどこまで表現できるのか。

だって、ほとんど何も起こらない映画って、ねえ。

続きを読む "東京タワー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/19

花よりもなほ

時は赤穂浪士の頃。青木宗左衛門は父の仇を討つため、松本から江戸へ。
そして仇の相手を探しつつ、貧乏長屋で暮らしている。
そこには個性的な面々が揃っていて、頼んでもないのに仇を探してくれる人とか、
すぐ切腹したがる貧乏武士とか、夫に先立たれ一人で息子を育てるおさえさんとか、
その他たくさんの愛すべき人達が住んでいる。
しかし、逃げ足はやたら速いが剣術はからきしだめな宗左衛門、寺子屋を開いて
子ども達に読み書きを教えるようになる。
そして、仇が見つかるが、仇には妻と小さい子どもがいた。

続きを読む "花よりもなほ"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/12/14

フライ、ダディ、フライ

フライ,ダディ,フライ
フライ,ダディ,フライ
  • スタジオ: 東映
  • 価格: ¥ 3,990
  • 発売日: 2005/12/09
  • 売上ランキング: 3,892
  • おすすめ度 5

公式サイト

平日の夜、一人でふらっと映画に行くのは楽しい。
ふらっと映画をみて、帰りにちょっとウインドウショッピングをして、
デザートつきのパスタを食べて、コーヒーを飲みながら
お気に入りの文庫をひらいたり、映画のシーンを思い出したり。贅沢だ。
ましてや、観た映画がすがすがしい映画だったらなおさら。

すごくいい気分で家路につくことができた。

続きを読む "フライ、ダディ、フライ"

| | コメント (0) | トラックバック (3)