2006/01/26

キング・コング

キング・コング プレミアム・エディション
キング・コング プレミアム・エディション
  • 価格: ¥ 3,502 (22% OFF)
  • 発売日: 2006/05/25

私は動物ものが苦手で、「南極物語」「ハチ公物語」で確実に号泣していたので、
それを彼氏に伝えると「じゃあ「キングコング」は絶対泣くな」とお墨付きをもらい、
そして実際目がうるうる。うー泣いちゃいましたよ。

何十年も前に作られた映画「キングコング」のリメイク、原典を見た人に聞くと
「ほぼ忠実に再現」されていたらしい。私はもとのを知らないから、全く1から楽しめた。

落ち目だけど、凄い映画を撮りたい情熱だけはある監督カールは、
伝説の島骸骨島で映画を撮影しようと、同じく窮地に立たされた女優のアンとともに
船に乗る。脚本家も一緒に船に乗る羽目になり、その船の船長は動物の生け捕りを
得意としている。そんな一行が本当に骸骨島にたどり着き、そこで原住民の襲撃に遭い
アンはさらわれ、生け贄としてさらされる。アンを奪いにきたのはキングコングだった。

続きを読む "キング・コング"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/12/27

戦国自衛隊1549

戦国自衛隊1549 標準装備版 (初回限定生産)
戦国自衛隊1549 標準装備版 (初回限定生産)
  • スタジオ: 角川エンタテインメント
  • 価格: ¥ 3,192 (20% OFF)
  • 発売日: 2005/12/22
  • 売上ランキング: 336
  • おすすめ度 2.88

「戦国自衛隊」のほうをつい最近見て予習?済、
すごく楽しみに観にいきました。
えーっと、端的に感想を言ってしまうと初代「戦国自衛隊」の方が
私は好きです。以上。

って、終わってどうするよ。

自衛隊を退官して現在居酒屋を経営している鹿島、突然現役自衛隊員の訪問を受け、
上司だった的場が現在タイムスリップして戦国時代にいると知らされる。
2年前、富士山周辺の磁場が歪んで、地面ごと飛ばされてしまったのだ。
当時と同じ状況が再現できるため、彼らを救出するため助けてくれと
頼まれた鹿島は、偶然タイムスリップしてきた斉藤道三の家来、
飯沼七兵衛の訪問を受けたりし、決意を固める。
そしてタイムスリップした先では、突然の敵の襲撃。
的場はどこにいるのか?

続きを読む "戦国自衛隊1549"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦国自衛隊

戦国自衛隊
戦国自衛隊
  • スタジオ: 角川エンタテインメント
  • 価格: ¥ 4,935
  • 発売日: 2000/08/25
  • 売上ランキング: 4,010
  • おすすめ度 4.4

「戦国自衛隊1549」前売鑑賞券を購入。
で、その勢いで原点を見ておこうと、昔のやつを借りてきた。
ちょうど「1549」の公開間際で、新しくDVDが出回り、
簡単に借りることが出来た。いい感じ。

さて、・・・いやあすごい映画だ。ある意味。B級感にも溢れながらも
ストーリーも面白く、アクションやらキャスティングやら堪能できる。

続きを読む "戦国自衛隊"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/12/23

バトル・ロワイアル

バトル・ロワイアル
バトル・ロワイアル
  • スタジオ: 東映
  • 価格: ¥ 5,460
  • 発売日: 2001/09/21
  • 売上ランキング: 21,354
  • おすすめ度 3.43

好きな安藤政信が出ている。
終始無言で人を殺しまくる高校生の役でした。怖い怖い。

ある中学校3年生のクラスが、修学旅行と偽りある島に連れて行かれる。
そこで殺し合いをして、生き残った者一人だけが、家に帰ることができる。
そこで壮絶な殺し合いが始まる。

・・さすがR指定、残虐にやりあいます。
特にすごかったのは柴咲コウ、
彼女が闘争心の強い美少女に扮し、他の女に「ブス」といいながら
撃とうとする様はかなりの迫力。なんでそこまで歪む?
さらに安藤政信。何の説明もなしに突如登場、ひたすら無言で殺しまくる。
それもわざわざ自主参加してまで。何で?全く説明無し。

他のメンバーはそれなりに疑心暗鬼になって殺しあったりしてしまうものの、
基本的には人間らしさというか、何とか誰も殺さずに生き残ろうともがく。
主役2人も当然そう。なのにその二人は突っ走る。
何が彼らをそう駆り立てたのか、そこに人間のひそかな怖さがあるというか、
そこをもっと掘り下げて欲しかったなあ。あの分厚い本を読んだら書いてるんだろうか。
結局、いい子たちが活躍してしまって、悪人の私には少し物足りなかった。

ビートたけしがいかれた教師役。彼の存在感もすごかった。
死に様が特にすごかった。どこからも必要とされない人の哀しさがにじみ出ていた。

お薦めはしないけど、考えさせられる映画だったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄泉がえり

黄泉がえり
黄泉がえり
  • スタジオ: 東宝
  • 価格: ¥ 6,300
  • 発売日: 2003/08/21
  • 売上ランキング: 2,920
  • おすすめ度 4.1

原作を読んでから観たんですけど、やっぱり全然別のものになっていて、
たいがい映画化しても原作の方がいいことが多いけど、
この作品に関しては同等。どちらかといえば映画のほうが私は好きかも。

熊本で、突然死者が黄泉がえるという現象が次々起こった。
それを調査しにやってきた厚生労働省職員(何課だろう、とつい思ってしまったが)
川田平太は熊本出身であり、そこには幼馴染の葵もいて、
そして葵は死んだ恋人を忘れられずにいた。
黄泉がえり現象を追ううち恋人が帰るのを待ちわびるようになった葵を
切なく見つめる平太だったが、ある日恐ろしい事実が発覚して・・・

続きを読む "黄泉がえり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/11

マトリックス レボリューションズ

マトリックス レボリューションズ
マトリックス レボリューションズ
  • スタジオ: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 価格: ¥ 1,500
  • 発売日: 2005/07/29

さて、2作目は面白かったので楽しみに行ったのですが、
感想は一言「わけわからん」でした。
2作目からわけわからんかったんだけど、更にわけがわからなくなっていて、
「とりつくしまもない」とはこのこと。
私は最初数分で既に諦め、ただぼうっと流れを追っておりました。
(途中でトイレにも立っちゃいました)
そして最後まで観て??????で帰りに晩飯を食いながら、
リローテッドを4回観てレボリューションズも2回目、という友人に
解説をしてもらいやっとなんとか大筋を把握できたのでした。

見る時のコツは
・わかってそうな人(パソコン関係に強い人)と一緒に行くこと
・話がわからなくてもとりあえず画面は眺めておくこと(あとで解説をうければよろしい)

続きを読む "マトリックス レボリューションズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マトリックス リローデッド

マトリックス リローデッド 特別版
マトリックス リローデッド 特別版
  • スタジオ: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 価格: ¥ 1,500
  • 発売日: 2005/07/29
  • 売上ランキング: 1,142

いやあああ、面白かったわ。いやこれほんまに。

今回は安いチケットを手に入れて、友達4人(男2、女2)で見にいったんだけど、
そのうちの男1は「一回見たけどわからんからもう一回観る」と言っていて、
コンピューターにも強く頭もいいその人がわからん話って?と不安になりつつ行った。

まあ確かに話はようわからんかった。あれはどういうこと、と突っ込まれても
たいがいは答えられないと思う。仮想現実VS現実の構図が前作よりも
更に更にややこしくなっていて、目が回るようである。

続きを読む "マトリックス リローデッド"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マトリックス

マトリックス 特別版
マトリックス 特別版
  • スタジオ: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 価格: ¥ 1,500
  • 発売日: 2005/07/29
  • 売上ランキング: 1,143

劇場公開時に観に行ったら1時間待ちで列が出来ていて、
それ以来観るきっかけを失っていた映画。
流行を何年も過ぎて、さて2作目が公開された、って時に私はこれをみた。

あかんわ。時機を逃したわ。
どのシーン観ても「これが噂のあのシーンか。」という、
まるで決まりきった古典芸能を観るかのような安心感で見てしまう。
「よっ、待ってました!」みたいな。・・・・そういうもんじゃなかろう。
まあそれはそれで、別な意味で面白い。

続きを読む "マトリックス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/09

2001年宇宙の旅

2001年宇宙の旅
2001年宇宙の旅
  • スタジオ: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 価格: ¥ 1,500
  • 発売日: 2005/11/18

公式サイト

2001年もとっくに過ぎました。こういう時代はこないようです。残念ながら。
しかし、これが世に出たころ(1970年代、私が産まれたかどうか、ってころ)には、
2001年には宇宙にいける、と信じられてたのかもしれない。この映画みたいに。
生まれる前に撮られたとは到底思えない斬新な映像、宇宙のリアルさに脱帽です。

話の筋は忘れた。映像だけ強烈に覚えている。
宇宙船オデッセイ(やったっけ・・・)はなんかの指令で宇宙に旅立ち、
その船はHALという頭脳がつかさどっている。このHALが人間くさく、
ゲームもするわ文句もいうわ、かわいい。というと語弊が?でもかわいいのだ。
そのHALがだんだん崩壊していく。
ああ、その経緯を忘れてしまったな。大事なところなのに。
でもHALの最期には思わず涙してしまった。

ラストは本当にまったく理解できないです。芸術、と片付けてしまうしかない代物です。
でも、次元を超えて人知を超えた何かを感じ取れたような、大げさに言うとなんかそんな感じ。

ああ、私ごときの未熟な人間にはまだ感想が書けない。そんな映画。
またもう一度観ようと思っている。
キューブリックが「今」に遺したメッセージ、伝わるだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/07

銀河ヒッチハイク・ガイド

銀河ヒッチハイク・ガイド
銀河ヒッチハイク・ガイド
  • スタジオ: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • 価格: ¥ 3,192 (20% OFF)
  • 発売日: 2006/03/17

公式サイト

彼氏がどーしてもこれを見たい、と劇場予告を見て言い出し、私は困った。
いやーいくらなんでもB級すぎないか。私は笑えるB級映画は好きだが、
これは笑えなくて洒落にならんのではないか。って思えるくらい突き抜けた劇場予告。
でも押し切られて見に行ってしまった。

いやあ、あたりのB級映画でした。面白かったー

いきなりイントロでイルカショーが見れますが、彼らは人間より頭がいいんで
地球滅亡を察して宇宙に逃げちゃうんです。
「さよなら!魚をありがとう!」と陽気に歌いながら。
「So long so long so long・・・」いきなりこの歌がツボで。耳から離れなくなる。

続きを読む "銀河ヒッチハイク・ガイド"

| | コメント (3) | トラックバック (2)